BitZeny プレゼント 投げ銭 ZNY

高校生必見!たった5分で勉強のやる気を出す方法

ども、こにしです。
なかなか勉強のやる気が出ないときってありますよね〜。ダラダラしたくてどうしようもない日が。

そんなときには、心理学者クレペリンの「作業興奮」を使うと、やる気が出てきます。
「勉強のやる気出ねー!」ってときにつかってみてください、たった5分でできるんでお手軽。

勉強のやる気が出ない?そんなときは「とりあえず5分」やってみ

たった5分でやる気を出す方法ってのは、「とりあえず5分だけ勉強してみる」ことです。

そんなんでやる気出るんなら苦労しねえよ! って話ですが、ちゃんと根拠がある方法ですんで、ご安心を。
冒頭でも触れましたが、心理学者クレペリンの「作業興奮」ってのに基づいてます。

「最初はやる気なかったけど、いざはじめてみたらなんかやる気出てきたわ」って経験ないですか?
ちょっと机の上の掃除をはじめたら止まらなくなって、最終的には部屋の模様替えまでしちゃった・・・みたいな。

それが作業興奮です。みなさん、経験あるでしょ?
やる気はあとからついてくるんです、だからまずは「とりあえず5分だけやってみる」ことが大事。

とりあえず勉強をはじめてみるだけで、なんでやる気が出てくるのか?

なんで「とりあえず5分やってみる」だけでやる気が出てくるのか、それは脳の側坐核(そくざかく)っていう部位が関係しています。

やる気は、側坐核(そくざかく)の神経細胞が活動すると出るんですね。
そして、側坐核(そくざかく)の神経細胞は、ある程度の「刺激」が来たときだけ活動する。

つまり、「とりあえず5分だけでも勉強をはじめて、側坐核の神経細胞に刺激を与えてやることで、やる気が出てくる」というわけなのですよ。
やる気が出るのを待つんじゃなく、迎えに行くイメージ。

作業興奮を使うコツとしては、欲張って1時間も2時間もやろうとしないこと。
ただでさえやる気が無いときに何時間もやろうとすると、ハードルが高すぎて萎えちゃうから、5分〜10分ぐらいを目標に勉強をはじめてみてください。
5分〜10分やってみて、やる気が出てきたら、そのまま続行して1時間とかやればいいんで。

まとめ

・やる気がでないときは、「とりあえず5分やってみる」
・やる気が出るのを待つんじゃなく、迎えに行く

単純で効果がなさそうにみえますが、お手軽なくせにかなり使えるテクニックなので、一度お試しあれ。

◯参考文献
脳内物質仕事術

The following two tabs change content below.
こにし
はじめまして、ソニートニュースでライターをやらせていただいてる「こにし」です。冴えない青春時代を送ったニートが、神の高校生活を送る方法をいっしょに考えます。 ツイッターでは、心理学の小ネタを投稿してるので、興味のある人はみてね。



    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
    ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin