シックスパッドの腕用「ArmBelt」の体験談を写真付きで紹介するよ

最近TVCMでもよく見る、シックスパッドってご存知でしょうか?

わたくしもかれこれ1年前くらいから知っていたのですが、やっと手に入れることができたので写真付きでレビューしたいと思います。

今回使うのは、ケチな池田にピッタリなSIXPADの中でも値段の安いモデル、「ArmBelt」というものです。

3秒でわかる「SIXPADとは?」

SIXPADは、装着するだけで筋トレができる!運動しなくても筋力アップ!

というシロモノです。

安全なの?

シックスパッドは、電気信号を強制的に送って筋肉を動かす「EMS」という商品の一つですが、ペースメーカーつけていたり体内に金属を埋め込んでいる人以外は副作用もなく使うことができます。

初めてつけてみると、頭で動かそうとしても手を動かせないなど不思議な感覚になるので、苦手な人は苦手かも。でも、本当に自動的に筋肉運動をしてくれるのでダラケ症のひとにはピッタリの筋トレグッズです。

パッケージ開封の儀

SIXPAD ArmBeltの箱

シックスパッドは、部位ごとに商品が違っていて、以前はおなかの筋肉用のと、全身どこに使ってもいい「ボディフィット」という2種類しかありませんでした。シックスパッドボディフィット2

でも、先月だか、少し安い「腕専用モデル」や「脚専用モデル」というのが発売されたので、ケチなわたくしも「これならなんとか手が出るかもしれん…」ということでポチったわけです。

SIXPAD「ArmBelt」のパッケージ内容

そして今回のモデルで一番大きいのは「充電可能」ということ!

以前はボタン電池で稼働していたのが、ACアダプタで充電できるようになったのです。

これで少し環境にも優しいはず…。

早速腕に装着して使ってみる

ArmBletの形。

これを、早速腕に取り付けてみます。

腕に装着されたシックスパッドArmBelt

インドアな筆者の貧弱な腕フェチの女子がいたらいいなぁ…。だれかこの白い腕いりませんか(ボソッ)

そして、シックスパッドのすごいところは専用アプリとBluetoothで連携して、トレーニング管理ができるところのようなのです。

早速アプリとも連携してみます。

SIXPADとアプリをペアリング

僕の持っているのはArmBeltだったので、この機種とペアリング。

SIXPADアプリは快調!

すると、23分間のトレーニングをしっかりモニタリングしてくれて、強度調整もアプリからすることができます!SIXPAD本体にはモニタも何もついていないので、現在どのくらいの強度であと何分間やらなければいけないのかがわからないのですが、そこをアプリで解決!

実際の動き

わたくしの撮ったものではないのですが、動画があるのでその動きを見てみます。

こんなのとか、

こんなのとか。

ドクンッドクンッドクンッドドドドドドドドドドドドド

とか

ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン

とか

トゥルルルルルルルルルルドルゥルルルルルウルルルル

などのいろんな電気のパターンで筋トレができます。

効果のほどは?

気になる効果ですが、これは人によりけり…だと思われます。

わたくしの場合は、使い始めた当初毎日のように筋肉痛になって、筋肉の疲労をかんじていました。つまり、筋肉をしっかり使えているということ。

流石に腕に装着で1か月ほどでは目に見える効果はご紹介できないので残念ですが、腹筋用のアブズフィットというものは1か月でシックスパックになる人もいるようで。

痛みとか使うのに難しいところは?

筋肉があまりない状態で、後負荷のトレーニングをやると、シビレが痛く感じることがあります。

でも、運動強度は1~20まで変えられるので、慣れていない人は1からスタートすれば痛みは全然ありません。わたくしはLV5くらいからかなりきつくなりました。強度LV20ってどんなせかいなんでしょうか。私気になります!

今回使ったのはSIXPADのアームベルトだったのですが、ベルトを片手で絞めるのが少しおっくうでありました。でも、ベルトがついていることで電気信号を送るジェルがしっかり肌に張り付いてくれるので、効果も高くなり滑り落ちる心配もないのは評価できるところです。

結論:シックスパッドは買うべき?

マッスルマンの無料素材

体験談込みレビューの最後に、買うべきかどうかについて池田なりに考えてみました。

はっきり言えることは、シックスパッドで痩せる目的で買うと失望すると思います!

シックスパッドは筋トレの代わりになるものなので、筋トレして痩せるかというとそうでもないのです。痩せたいなら有酸素運動。筋トレで痩せるように思えるのは、基礎代謝が若干アップするにすぎませんからね。

それで、普段あまり動かない人が筋肉量を維持する目的で買うならありです!筋力アップにもいいと思います。

ダラケ症の自分にも使い続けられるかな~、と最初は心配でした。でも、意外と毎日継続して使えています。

SIXPADは楽なのですが、一つだけ注意点!わたくしが使っているのは腕のシックスパッドで、トレーニング中はその手でスマホも使えないですしキーボードでタイピングすることもできません。腹筋用とか、脚用だったら手は使えます。

本を読みながらとか、テレビをぼーっと見ながら筋トレするにはピッタリです。「倒れるだけワンダーコア~」よりも手軽です。

ソニートニュースを読んでいるあなたにも、細マッチョな体を手に入れるチャンスなのでぜひ詳細をチェックしてみてください!

The following two tabs change content below.
池田利樹

池田利樹

音楽家の家庭に育った音楽大好きな東京住まい。 絵を描いたり、写真を撮ったりが好きなクリエーター。 1985年生まれなのでもうオッサンと呼ばれても否定できないデス。



    • このエントリーをはてなブックマークに追加