【推奨】スマホ向けクリック型広告「nend(ネンド)」登録から広告掲載まで徹底ガイド

クリック型広告 nend

ソニートニュース公式で推奨する広告配信会社が決定しましたので、登録から実際に広告を掲載するまでを詳しく解説しようと思います。

この記事を読めば、ソニートニュースの記事に今スグ広告を貼って収入を得ることができます。

nendを推奨する理由

まず、広告の収益率ではGoogle AdSenseが一番高いのですが、ソニートニュースのURLを登録サイトとして使えません。Google AdSenseの許可をもらうためには、ソニートニュースとは別に独自ドメインで、審査に通るためのサイトが必要になります。

規約も厳しく、大勢が記事を持ち寄るソニートニュースでは、他のユーザーが規約違反をした場合、巻き込まれてアカウントが凍結され、二度とAdSenseアカウントを作れなくなる危険があります。Googleは基本的にメールなどでユーザーの話を聞いてくれません。「説明をして理解を求める」ということが不可能です。

nendの場合には管理人が直接連絡を取り、ソニートニュースのURLを参加者が登録サイトとして使ってもいいと許可を得ています。サポートが非常に良いので、私としてもライターの方の問い合わせを仲介する時にスムーズに話を進められます。

収益率もGoogle AdSenseに次ぐレベルで高く、高クリック率を見込める優良な広告が配信されます。何より日本の会社で親身になって問い合わせに答えてくれるので、Google AdSenseより安心です。

アプリ・サイト運営者として登録する

では、実際に登録をしてみましょう。

スマホ向け広告のnend

上記のリンクから左上の「アプリ・サイト管理者様」をクリック。説明を一通り読んでから「今すぐ始める」をクリック。「個人」を選択し個人情報を入力します。メールアドレスやパスワードはメモを取り、忘れないようにしましょう。

サイト/アプリのタイプ:Webサイト

サイト名:ソニートニュース

サイトURL:https://www.2ch.work/

カテゴリ:ブログポータル

サイトの紹介:誰でもライターとして参加できるソーシャルブログメディアです。自分で書いた記事に広告を貼って収入を得たり、何かの活動や作品の発表・宣伝に利用することも出来ます。

広告を作成する

ログイン後、「広告枠の管理」→「広告枠」のページに移動します。「新規広告枠の作成」をクリックして必要な情報を入力し「作成」をクリック。

広告枠のタイプ:バナー

広告枠名:ソニートニュース記事

広告枠の形式:インライン・その他

広告枠の紹介:自分の書く記事のジャンルなどを解説する文章を入力

18禁広告:ブロック

広告枠のサイズ:300 x 250

バナーの表示サイズ:レスポンシブ

申請をすると審査がありますので、認可されるまで待ちましょう。登録時のメールアドレスに連絡が入ります。

ソニートニュースに広告を掲載する

「広告枠の管理」→「広告枠」で先ほど作成した広告枠が表示されます。「広告コード」をクリックしてコードをコピー。

投稿画面で「テキスト」のタブを選び、記事本文の真ん中くらいの位置に以下のように広告コードを挿入。


<div align="center">
[ 広告コード ]
</div>

「広告コード」の場所にコードを貼り付ければ完了です。

広告掲載後の確認方法

まず、絶対に自分で広告をクリックしてはいけません。不正な操作として、アカウントが凍結される場合があります。広告は掲載してから配信されるまでタイムラグがありますので、しばらく放っておきましょう。1日~2日すると安定して広告が配信されるようになります。

nendはスマートフォン向けの広告配信会社ですので、iPhoneならSafari、Androidなら標準のブラウザかスマホ版Google Chromeで閲覧した場合のみ広告が表示されます。

ソニートニュースはアクセスの大半がスマートフォンからですし、効率よりもアクセスの総数が大事だと考えているため、無理に他の広告を貼る必要はありません。まずはいい記事を書き、サイトを成長させて大きなアクセスが集まるようにすることが大事です。

このように、ソニートニュースで書いた記事には簡単に広告を掲載できます。もし分からないことがあれば、ライター専用フォーラムでお問い合せください。




    • このエントリーをはてなブックマークに追加