SEOで大ヒットを狙えるブログ記事の書き方

SEO ブログ記事の書き方

ソニートニュースが出来てまだそれほど経っていませんが、様々な要因のお陰でSEO(検索エンジン最適化)が非常に高くなっています。複合キーワードで検索をすると、Googleでの検索結果で上位(1ページ目)に掲載されている記事もたくさんあるようです。

ブログメディアのアクセス源として最も安定的にアクセスを増やす方法は、検索流入を増やすこと。つまり、SEOにマッチした記事を書くことが「よく読まれる記事」になり、「サイト全体の成長」「ライターの方の収入」に繋がります。

今日はそんな「SEOで大ヒットを狙えるブログ記事の書き方」を解説してみようと思います。

なぜSEO効果の高い記事を書くのか

上記した通り、ブログのアクセス源として一番安定してユーザーを呼び込めるのがGoogleの検索です。SEOで高く評価される記事は、多くの人に読まれます。

せっかく記事を書くのですから、少しでも多くの人に読んでもらい、多くの人に楽しんでもらえるものを書きましょう。

Googleの検索結果で上位に掲載され、その記事を必要とする人に届けるためには、ほんの少しの努力が必要です。この記事では、SEOで高く評価されるための基礎的なテクニックを解説します。

SEOで大ヒットを狙えるテーマで記事を書く

例え検索結果で1位になっても、誰もそのキーワードで検索をしなかったらアクセスは増えません。そこで、最初から検索量の多いキーワードをテーマに記事を書くというのも一つの手です。

「Googleトレンド」というツールを使えば、今どんなキーワードが多く検索されているか分かります。ニッチ(競合が少ない)キーワードも、実は影で話題になっていることもありますので、このツールではそのキーワードの検索量を調べることもできます。

Googleトレンド

「複合キーワード」も重要な要素の一つです。一つの話題のキーワードで上位に入れなくとも、よく検索される追加のキーワードを足した検索結果で上位に入ることは可能です。「サジェスト」と呼びますが、「A」というキーワードに対して一緒に検索されることが多い「B」というキーワードを探せるサイトがあります。

二つのキーワードを狙ってタイトルに含めたり、本文中でそれに関連するキーワードを多く使うと、その二つで検索された時に上位に入ることができるかもしれません。

サジェスト:キーワードツール

ブログ記事はタイトルが命

Googleが最も重要視するのがタイトルです。記事タイトルに「検索されそうなキーワード」を含めることが最初の一歩。

例えばこの記事のタイトルでは、「SEO」「大ヒット」「ブログ記事」「書き方」というキーワードを盛り込んでいます。本文ももちろん重要ですが、「検索されそうなキーワード」「本文でも頻繁に出てくる記事の内容に沿ったキーワード」を記事タイトルに含めることが重要です。

高等テクニックですが、さらに「検索されそうだが、競合が少ないキーワード(テーマ)で記事を書く」という技もあります。

SEO効果の高い本文の書き方

いくらタイトルにキーワードを入れていても、本文の内容が充実していなければ意味はありません。

Googleの検索順位というものは、「質の高いページ(記事)やサイトを高く評価する」というのが前提です。それは、Googleで検索をするユーザーにとって有益だから。ブログの記事もまったく同じで、読者にとって面白かったり、有益な記事を書けば自ずと検索結果も良くなります。

ボリュームとしてある程度文章量が多いこと、その記事のテーマに合ったキーワードをしっかりと含んだ文章であることが重要視されます。

プロの作家のように文章力が高い必要はありません。一定のボリューム(文字数)があり、自分で読んで面白かったり有益だと思う内容であればいいのです。

見出しや画像を本文内で効果的に使用する

ブログの記事もWEBサイトのページですから、ただ文字だけ長々と書いてあっても高く評価はされません。

そのページを読むユーザーにとって見やすく分かりやすいように、見出し(Hタグ)を付けたり、画像が貼ってある記事の方が高く評価される傾向にあります。

「検索結果で上位に表示される記事」は「質の高い記事」であり、「質の高い記事」とは「ユーザーにとって見やすく有益な記事」のこと。いいブログ記事の書き方とは、読む人の気持になって有益で面白い記事を書くということです。

画像に代替テキストを設定する

Googleがページを評価するボットは、そのページで表示される画像がどんな画像なのか判別出来ません。その画像が何に関連するどんな画像なのかは、そのページのタイトルや本文、そしてHTMLのALTタグで指定された画像の代替テキストで判断しています。

WordPressの場合、本文に貼り付けた画像をエディタ上でクリックすると画像の文字情報編集のための鉛筆のマークが表示されます。そこで画像に「代替テキスト(ALTタグ)」を設定することが出来ます。

本文で画像を使用する場合、必ず画像に合ったキーワードの代替テキストを設定しましょう。

記事を公開したら、自分で読み返して修正をする

記事を公開して満足してはいけません。自分で書いた記事は必ず自分で読んで誤字脱字を修正したり、読者にとってどんな印象を与える記事であるか確認をしましょう。

自分で読んで本当に面白いと思える記事であれば、きっと他の人にとっても面白い記事であるはずです。逆に自分で読んでダメだと感じるものを他人に読ませてはいけません。

自分で読んで面白かったり有益だと思う記事を書くというのは、SEO以前の問題としてWEB上で情報を発信する人の基本であり原則です。

オリジナリティのある内容をテーマにする

この記事はソニートニュースでライターをする人のために書かれた記事ですので、世間では周知され使い古された内容です。ですので、恐らく検索結果上位は狙えません。

検索結果で上位に掲載されるためには、他に無い(まだ誰も扱っていない)斬新なテーマで、充実した内容の記事を書くのが効果的です。

基本中の基本ですが、「読む人を楽しませる」「知りたいことについて詳しく解説されている」「多くの人が興味を持ち、検索しそうなキーワードをテーマとして扱う」「今はまだ他に同じテーマを扱った記事が少ない」ということが、SEO効果の高い記事を書くポイントです。

「書きたいものを書く」というのでも構いませんが、記事を書く時に少しSEO効果や検索キーワードを狙ってみると、多くの人に読まれる記事になります。

さらに良い記事を書くために、こちらの記事が非常に勉強になります。もし良かったらご一読ください。

良質なコンテンツとは:良い記事を書くための14のポイント




    • このエントリーをはてなブックマークに追加