完全無料で使える週刊少年ジャンプ公式マンガ制作フリーソフト「ジャンプPAINT」でマンガを描こう!スマホ向けアプリ版も

週刊少年ジャンプ公式マンガ制作ソフト「ジャンプPAINT」

「ファイアパンチ」や「彼方のアストラ」、うすた京介先生の新作「フードファイタータベル」などのオリジナル作品が読めるスマホアプリ「少年ジャンプ+」でマンガを読んでいたら、完全無料のマンガ制作アプリ「ジャンプPAINT」なるものを発見しまして、早速ダウンロードしてみました。無料のマンガ制作フリーソフト!?

「無料」とか「フリーソフト」って響き大好きです。ソニートニュースでも推奨しているフリーペイントツール「ファイアアルパカ」など、Adobe Photoshopの代替となるペイントソフトって意外とたくさんあるんですが、マンガ制作専門の無料ツールは少ない気がします。しかも週刊少年ジャンプが関わっているようで、これから漫画家を目指す人のことが考えられているはず。

ここ最近、漫画雑誌は発行部数が落ちていて面白い新人が現れるのを待っているので、「このソフトで漫画を描いて編集部に応募してね」という意図が感じられます。まずは公式のCM動画をご覧ください。

このソフトの元になっている「MediBang Paint」は、マンガ界の「GarageBand」を目指しているということで、初心者でも使いやすいツールになっているそう。それでいてプロの漫画家さんも使っているという洗練されたフリーソフト。他のマンガ制作ツールと比べても非常にシンプルなツール類ながらブラシやフォント、トーン素材やレイヤー機能など必要十分な機能が搭載されているように見えます。

利用には会員登録が必要なものの、マンガを描くための練習モードや描いたマンガを集英社にそのまま応募できる機能などが搭載されていて、これから漫画家を目指す人や他のマンガ制作ソフトからの乗り換えに最適です。

YouTubeで「MediBang Paint」で検索をすると使い方講座の動画がたくさん見つかります。あと、「どんな会社が作ってるソフトなの?」という疑問には、こちらのインタビュー記事が答えをくれます。

「MediBang Paint」でマンガ制作ソフトを無料提供するメディバンという会社の狙い

私自身は本気で漫画家を目指している訳ではないのですが、「推奨マンガ制作ツール」としてリンクを作ろうと思います。ソニートニュースでは、当サイトでマンガを連載してくれる漫画家さんを絶賛募集中です。(ついでに宣伝)

これから漫画家を目指そうと思っている方や他のソフトから乗り換えを考えている方は、無料ですし一度試しに使ってみてはいかがでしょうか。

参照リンク:ジャンプPAINTMediBang Paint