カテゴリー

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」は間違いだった!!

どうもこんにちは。Shinohaです。

日頃不満に思ってることがあるので書きますね。

「学問のすゝめ」という本があります。

その第1行目には天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと書かれています。

この一文が随分と誤解されていることに憤慨しているのです!

例えば、週刊少年ジ〇ンプに掲載されていたバクマ〇。という有名な漫画の中では、秀才キャラが上の言葉を取り上げ、福沢諭吉は現実を見ていないと批判しています。

お前、秀才キャラだろ!と読んだ当時は内心ツッコミを入れていました。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言えり。されば天より人を生ずるには、万人は万人みな同じ位にして、生まれながら貴賤きせん上下の差別なく、万物の霊たる身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの物を資とり、もって衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨げをなさずしておのおの安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。されども今、広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥どろとの相違あるに似たるはなんぞや。その次第はなはだ明らかなり。『実語教じつごきょう』に、「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とあり。されば賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできるものなり。また世の中にむずかしき仕事もあり、やすき仕事もあり。そのむずかしき仕事をする者を身分重き人と名づけ、やすき仕事をする者を身分軽き人という。すべて心を用い、心配する仕事はむずかしくして、手足を用うる力役りきえきはやすし。ゆえに医者、学者、政府の役人、または大なる商売をする町人、あまたの奉公人を召し使う大百姓などは、身分重くして貴き者と言うべし。
 身分重くして貴ければおのずからその家も富んで、下々しもじもの者より見れば及ぶべからざるようなれども、その本もとを尋ぬればただその人に学問の力あるとなきとによりてその相違もできたるのみにて、天より定めたる約束にあらず。諺ことわざにいわく、「天は富貴を人に与えずして、これをその人の働きに与うるものなり」と。されば前にも言えるとおり、人は生まれながらにして貴賤・貧富の別なし。ただ学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人げにんとなるなり。

上記が「学問のすゝめ」の序文です。かいつまんで説明しますと、

人類皆平等っていうけど世の中不平等だらけだよね。

なんで不平等になってるかというと学問する人は儲けて、しない人は貧しくなるからさ。

(何が言いたいかというと、みんな学問しようぜ!)

つまりは、学問のすゝめ!!

おわかりいただけたでしょうか。

福沢諭吉は一般論を述べて、現実との乖離を指摘し、その原因に学問を取り上げることで、学問の普及に努めようとしていたのです。

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」の一文を切り取って、福沢諭吉を批判している人は残念ながら学がないということですね。

0
The following two tabs change content below.
@MonaShinoha
Unityでゲームを趣味で作っているもの 趣味で暮らしていけたらなぁ…と思っている。