8月12日に起きた全日空機緊急着陸…墜落事故を語り継ぐ意味

日航機墜落事故から32年目の2017年8月12日。なんとこの日に全日空機が日航機と似たようなトラブルを起こすという事故が発生しました。

奇妙にも2つの機には様々な関連性があり、ネットでは「日航機墜落事故で死んだ人の呪いじゃないのか?」なんて騒がれています。

ここではその日航機墜落事故と全日空機緊急着陸の関連性についてまとめてみました。

どちらの機も『羽田発伊丹行き』

日航機墜落事故のJAL123便は羽田空港から伊丹空港に向けて出発した機でした。そして本日緊急着陸した全日空37便も羽田発伊丹行。奇妙にも経路が同一なのです。

事故に遭ったのが8月12日の午後6時

JAL123便は羽田空港を8月12日の午後6時に出発し、その12分後に機体トラブルが発生しました。本日トラブルに遭った全日空37便も8月12日の午後6時頃。日時が奇妙にもリンクしているのです。

全日空37便のトラブルが午後6時24分なのはデマ

ネットでは「JAL123便も全日空37便も午後6時24分に事故が起きた!」なんて言われていますが、調べたところその事実はありませんでした。

ニュースを見ていると「午後6時の離陸から約15分後にトラブルが起きた」と報道されていたので、おそらく全日空37便がトラブルに遭ったのは午後6時15分でしょう。

経路や日時がほぼ同じなので、オカルトめいたものにしたくこのようなデマが流れたのだと思いますが、正直不謹慎だと思いますね。

全日空37便の乗客は全員無事。墜落事故を語り継いでいく意味

正直私は毎年行われる日航機墜落事故の報道に色々と思うところがありました。「もう十分報道したしいいんじゃないだろうか?」「これ以上報道しても生存者や遺族が辛い思いをするだけなのでは?」「そもそも墜落事故を語り継いでも我々に出来ることは何もない」など。

しかし本日の全日空機の緊急着陸で考えを改めました。墜落事故は後世に語り継がなくてはいけません。日航機墜落事故が風化していた場合、もしかしたら本日のトラブルはまた大惨事になっていたかもしれません。

今回の全日空機の緊急着陸を「日航機墜落事故で死んだ人の呪いだ!」なんでバカなことを言ったりはしません。ですが、関係のない我々でも、墜落事故を語り継いでいく意味は十分にあるんじゃないかと考えさせられる一件でした。




    • このエントリーをはてなブックマークに追加