最近のYouTuberについて

こんにちは AIKWです。

今は夏休みということもあり、どこも子どもたちで賑わっていますね。

昔は毎日のように外へ出かけてましたが、時代も変わり夏休みはネットやゲーム三昧という子も増えているようです。

今回の記事はそんな子どもたちで金儲けをしている大人についての記事です。

はじめに

YouTuber は今や広く認知され、テレビ出演なども増えている職業?になりました。

利用者の層は広く、子どもから大人まで楽しめるものが多いです。

有名どころはかなり前から話題になっているヒカキンや最近の落ちぶれっぷりが滑稽なはじめしゃちょーなどでしょうか。

はじめしゃちょーはともかく、ヒカキンは目立った悪い噂も無く、サムネが不快ということ以外は素晴らしいと思います。

一周回って不快ではないサムネ

今回書きたいのは所謂ネクステ と言われる上記のことがマシに見えるようなチームのYouTuberたちについてです。

何が問題なのか。

最近、ヒカルやラファエルと言ったネクストステージというチームに所属するYouTuberが注目を集めています。

しかし、ヒカキンなどとは正反対の過激なスタイルの動画が悪目立ちしています。

主な種類としては

やらせ 他人への迷惑 荒い金遣い

が挙げられ、たびたび問題視されています。

彼らの黒い噂は後を絶たず、リーダーのヒカルは詐欺師とまで言われています。

それでカリスマを名乗っているのだからもう……

実際業者を使っての印象操作は行われています。

彼らがここまでのし上がれた理由としては金儲けのうまさと言っても過言ではないでしょう。

プレゼント企画で視聴者数を増やし、動画を見させるだけ見させる。という方法が主な例でしょう。

Switchは基本一人一台までしか買えない。それを30台プレゼント…… ネットで箱だけ買うことも可能…… ネクステ内で複数企画して身内で回せば…… あっ(察し)

まさか身内でプレゼントを回してたりはしないでしょうが、この視聴者稼ぎは悪質なものだとは思います。

さいごに

これらの事実や噂を知ったうえで持ち上げるならば結構です。その動画を楽しむのも勝手です。 しかし、悪質極まりない行為は控えたほうがいい。という考えだけは捨てないでください。

僕が言えるのはこれだけですね。それでは楽しいネットライフを。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.



    • このエントリーをはてなブックマークに追加