【ネタバレ注意】待望の桜ルート、Fate/stay night Heaven’s feelルートの映画を観てきたので感想だ!!!!

どうも、南元暁です。

さて、今回はタイトルの通り、2017年10月14日公開の映画、Fate/stay night Heaven’s feelルートを観て参りました。

セイバーのFateルート、凛のUBWルートとアニメ化されているFateですが、今回ようやく桜ルートが映像化ということですが。

自分はFateにわかでして、原作ゲームをやらずにアニメだけを観てここまで来ているわけですが、桜ルートは他の二人のルートと比べて相当異質だということを聞いて楽しみにしていたのですが……。

その期待が外れることはなかったぜ。

ネットで聞きかじった散文的な知識(別名にわか知識)を動員しても、いや、したからこその驚きの連続でした。

これより下はネタバレを含む感想となるので、一応閲覧注意ということで。

それとにわか注意。

なんといっても今回の見所はやはり桜ですね。

セイバーや凛とは違う、偶然的な出会いとは一線を画す先輩後輩としての関係から始まっている二人はものすごく微笑ましかったです。

中学生の頃の桜という、zeroと本編の中間的な立ち位置と、zero知っていると、桜が何故悲しそうな顔をしているかなどと見当がついている身としてはどんどん桜の笑顔が増えていくのは嬉しかったですね。

それと、今回の映画は、これまでの映像化の中で幾度かしたやりとりを大幅に省いているのが割と印象に残っていますね。

アーチャーvsランサーや、セイバー召喚などのイベントを省略し、他の描写すべきところに情報量をふんだんに割いているという判断には脱帽せざるを得ません。

これまで出番の少なかった臓硯が早々に登場し、その気持ち悪さや摩訶不思議な空気感を表現していましたね。

割とアーチャーvsランサーは劇場版クオリティで見たかったような気もしますが、そもそもufotableの作画がUBWの時点で劇場版クオリチーということもあっての判断ですかね。

妥当妥当。

そこから話しは飛んでセイバーvsライダー。

vita版のopは見たことがあるのですが、それでオルタとライダーが戦っていることからまぁライダーは生き残るんだろうなと思ったらものの数分で退場。

慎二が「へ?」と言っていたのと同じように「ん?」となりました。

しかし久々に最優!なセイバーを見た感じがしましたね。

Fateルートのときはだいたい魔力不足に悩まされ、UBWルートではキャスターにくっ殺などですが、やはりセイバーは強かった。

そういえば、セイバーもそうですが今回は割とステゴロの戦闘が目立ちましたね。

ランサーの素手殴りやバーサーカーの蹴りなど、今まで見られない戦い方がありました。

槍を持たないランサーのアスリート走りは笑いましたが。

そして、ランサーの戦いといえば、今回の真アサシン。

NOUMINとの戦いなどあるのかな?と思ってたらなんと小次郎一瞬で退場。

それに続いてキャスターも退場。

更にランサーも退場と第一章ながら実に三人も脱落。

とはいえ小次郎はアサシンに穴を埋められたので実質二人ですが。

ライダーも脱落したかと思ってたのでめっちゃ脱落するやんけ!とも思いましたね。

加えてセイバーもオルタ化の兆し。

知っていたことを含めても思ったより事が早く進んで内心驚いています。

さて、次はマスターサイド。

切嗣の事や第四次の事がこれまでと比べて多く語られたりと、zeroを知っているとニヤリと出来る事が盛りだくさん。

凛エロい。

誘惑してくる凛エロい。

美綴可愛い。

ライダーにレズられる美綴可愛い。

それと、綺礼が麻婆を食べるシーンはやたらと気合が入っていてつい劇場で笑ってしまいました。

おっさんが麻婆を口元に運ぶ仕草がキモくてキモくて。

面白かったですけどね!!

しかし、今回も相変わらず慎二は道化で笑いました。

あれだけドヤ顔で語ってたのにあの惨敗っぷり。

それまで積み重ねてきた嫌味なキャラもあってその瞬殺には頭が上がりませんね。

流石ワカメ。

そして今一度正義の味方の在り方を見つめ直す士郎。

どうすれば正義の味方になれるのかわからない士郎。

今回はそこが問われるルートになりそうですね。

さて、どうなることやら……。

大量のサーヴァント脱落、セイバーのオルタ化の兆しなどと第二章も見逃せない展開になりそうです。

腕士郎ってやつとかも気になります。

あんまり長くだらだら書くのもあれなんで、感想はここらで終わりにしようと思います。

それと、今回の映画が面白すぎてFGOの英霊剣豪へのモチベーションが下がってしまったのは内緒だ。

現場からは以上です。




    • このエントリーをはてなブックマークに追加