【コンビニ商戦】8月6日(日)は夏の節分・・・あっ・・・恵方巻きでビジネスビジネスの時間だああ!落ち着け・・・節分はなんと年に4回もあるぞ!

節分は年に

ある、春夏秋冬ある。

立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを指す




夏の恵方巻、2017年、8月6日(日)は夏の節分。

夏も恵方巻きが話題にされつつある流れを確認(@@)

ファミリーマート

セブンイレブン

ローソンなど

主要なコンビニでキャンペーンが展開することが確認出来た

夏は恵方巻きにうなぎが入ってる?

確認は出来なかったが、




具材が牛肉という恵方巻が一部のコンビニにおいて発売されていた。

種類が多いのはセブンイレブン。

恵方巻きはノルマや自爆営業という闇のワードも

やったね自爆営業が4回に増えるよ!

 節分に食べる「恵方巻」の販売ノルマを課せられたと、コンビニのアルバイトとみられるツイートが2017年に入って相次ぐ騒ぎになっている。しかし、大手コンビニの本部では、ノルマを店側に課していることを否定している。

コンビニでは季節の商品ごとにノルマを課せられる、との声がツイッター上では多い。恵方巻ノルマの訴えは、なんとクリスマスケーキを売るときから見られた。

https://www.j-cast.com/2017/01/27289198.html?p=all

恵方巻きという単語はセブンイレブン発祥らしい

恵方巻、恵方巻き(えほうまき)とは、節分に恵方を向いて食べると縁起が良いとされている太巻寿司のこと。およびそれを食べる風習のこと[2]。もともとは大阪を中心とした地域で「節分の丸かぶり寿司」「節分の巻き寿司」などと称されていた(本文参照)。商業イベントでもある。
「恵方巻」という名称は、1998年にセブン-イレブンが全国発売にあたり商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻」と採用したことにより、2000年代以降に急速に広まった。それ以前に「恵方巻」と呼ばれていたという文献類は見つかっていない。その他には「幸運巻寿司」、「恵方寿司」、「招福巻」などとも呼ぶ。
(Wikipediaより抜粋)




    • このエントリーをはてなブックマークに追加