プレミアムバンダイからCSMホッパーゼクターが届いたので早速レビュー(笑)してみようと思います。

どうも、南元暁です。

ついさっきプレミアムバンダイ発売の「CSMホッパーゼクター」をヤマトのお兄さんが届けてくれました。

ダンボールにはでかでかと「COMPLETE SELECTION MODIFICATION」の文字が。

少し恥ずかしい。

しかしお兄さんはなにも言わず、ただ淡々と受け取り作業をしてくれました。

嬉しい。

さてこのホッパーゼクター!!!!!!

この記事にたどり着いた方なら誰もが知ってるであろう、大人気な兄貴と弟が変身する、仮面ライダーキックホッパー、パンチホッパーのベルトとなっております。

CSMでカブトゼクターやガタックゼクターが発売日されたときからこれを望んでいた方は多いのではないでしょうか??

何を隠そう南元はその一人です。

では、簡素ながら早速れびゅー(笑)に入ってみようと思います!!

先日届いたリーフラッシャーが少し

アレ

だったのでこちらは期待大ですよー!!

CSMが新担当になってどう変わったのか、見ものですね!!

まずパッケージ。

地獄兄弟が映し出されたCSM定番のアップの画。

これはどのシリーズも変わりなく安定してかっこいいです。

この箱を見る時はかなり盛り上がりますね。

続いてパッケージの外装を取り払ったやつ。

キックホッパーの腰回りとゼクターが見えますな。

なんだか本物感があっていいですね。

CSMの開発者ブログの方でも書いてあることなんですが、この外装を裏返すと……。

こちらはパンチホッパーver.となっております。

いやぁ、芸コマ。

さらに流せると、ようやく中身がご開帳となります。

いざ開封の儀。

届いて早速遊んだので例によって袋はないです。

おはようじy……とか言おうと思ったけどそんなことを言う間も無く感嘆。

一言で言うと

おお。

本物。

まさしく本物がそこには入っていました。

手にとってみると、バックルが重い。

まさに変身機能が詰まっている、といういう重量感でついにやけますねこりゃ。

さ、ゼクターはこんな感じ。

塗装がメタリックで綺麗ですね。

CSMカブトシリーズはガタックしか持っていないのですが、ガタックゼクターの時のようなテカテカベタベタ感は一切なくいい塩梅。

逆に黒い部分はガタックゼクターとは違い、つや消し塗装がされていないのが残念。

裏を返すとこちらはパンチ側。

DXではネジ穴が見えていたのですが、ちゃんと塞がれています。

まぁ塞がれてていないディエンドライバーがおかしいんですけどね。

この状態で足を起こすと、劇中のようなゼクターがぴょんぴょん飛んでくる音が鳴らります。

変身前のシークエンスまで再現できるのは嬉しい。

次にゼクトベルト。

うーんかっこいい。

まさに本物を見ているかのような圧倒的な存在感がありますね。

しかし、放送当時ザビーらがつけているベルトのバックルが。そこ開くんかい!とびっくりしたものです。

開くにはこちらの黒いボタンの奥のボタン。

ここを押すとカパッと開きます。

なんでも、この開く方を重くして開きやすくしているそうな。

新担当のフナセン氏は細かいところに気が届いて有能ですね。

ちなみに、バックルのサイドにあるこのボタンを押すと

\\クロックアップ//

ピシュウウウン

が出来ます!!

このピシュウウウンですよピシュウウウン!

カブト、ガタックにはなかったピシュウウウン!!!

両ホッパーは劇中でクロックアップは使用していないのが残念ですが、ちゃんと設定上出来るように、ゼクトベルトをつける他のライダーと同じように際限されています。

やっぱピシュウウウンがないとクロックアップじゃないですね。

さて、ベルトを開いていざ変身。

電源ボタンを入れ、上部にあるラインに擬態したボタン

を押すと、兄貴の声で「変身」と言いますので、その後にゼクターを突っ込めば兄貴のように変身完了!!!

ため息をついて気分を出しましょう。

一つ残念なのが、ここで兄貴のテーマが流れれば完璧なのになぁ…………!!!!というものですね。

まぁこれは手動で流しますか。

かるーく遊んだあとはフィニッシュタイム。

ため息の後にゼクターを起こし

\\ライダージャンプ//

エコーの効いた音声がかっくいー。

この時セリフボタンを押すと、兄貴の声で「ライダーキック!」と言ってくれます。

地味に嬉しい。

そして一気にゼクターを倒して……

\\ライダーキック//

ライダーキックの音の後にワームの爆発音。

流石にアンカージャッキの連続音はありませんが、それでもいいのです。

何故ならキックホッパーのライダーキックはどの回も結構違ってて決まりなんてないのだから。

さて、兄貴になりきったところで次は弟。

ゼクターをひっくり返して。

ここでまた電源をオンにして、今度は二回セリフボタンを押すと、兄貴の声の次に弟の「変身!」が。

弟ファンにも嬉しいボイス。

兄貴とは打って変わって、殺意をむき出しにしたような表情を作り、一気にゼクターをベルトに突っ込み、

\\チェンジ、パンチホッパー!//

もう絶賛のセリフを言い切ってそろそろ言葉が出なくなってるのですが、それでもかっこいいと言います。

この時セリフボタンを押すと、影山のセリフが流れます。

ザビーゼクター関連のセリフも収録されていて嬉しい。

そういえば書き忘れましたが、兄貴の方にも同じ機能があります。

個人的に「うわあああああああ!!!」が入ってるのがツボ。

このセリフだけエコーがかかってて笑ってしまいます。

さて、変身して隣にいる人をパンチでボコボコにした後は必殺技で楽にしてあげましょう。

兄貴同様ゼクターを起こし、

\\ライダージャンプ//

セリフボタンで「ライダーパンチ!」

ゼクターを倒して

\\ライダーパァンチ//

ライダーパンチの後にワームの爆発音。

これで決まりだ。

そして、敵を倒したあとは変身の解除。

この黒いボタンを押してゼクターを引き抜くと「ブゥゥン」と解除音が鳴ります。

その辺にいる人を嘲笑ってどこかへ行きましょう。

さて、だいたいの機能の解説は終えましたかね。

……おっと、一番大切な遊び方の説明を忘れていました。

このベルトは「二人」のライダーのベルト。

一人だけでなく、二人揃ってホッパーなのです。

だから、一番のなりきり遊びは二人でベルトを巻いて同時に変身することなのです。

開発者のフナセン氏も、是非とも二つ買って遊んでくださいと言っていました。

僕は一つしか買いませんでしたがね。

だって一緒にしてくれる人なんていないから!!!!!!

HAHAHA!!笑えよ!!!!!

笑うなアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!!!

現場からは以上です。




    • このエントリーをはてなブックマークに追加