【爆笑ゲームス】トロイ無双は智将オデュッセウスの痴態がみどころ。まあそんなことはどうでもいいんだけど。

ブログ記事

「トロイ無双で遊んだだけだけど無双シリーズに思いを馳せてしまうし自分を受け容れる心構えまでできたし。」

我がサイト

「ニートレボ ~無職の半ニートがやれたらやるブログ~」

どうも無職ニートを10年つづけた結果のヒトです。

むか~しむかしにやってみたゲーム実況動画でありますわ。人生初ゲーム実況。喋るのが面倒にになってきますよねマジ向いてないわまったく。

まあそんなことはどうでもよろしいんですけれど。

「ジャンル特化」の記事は「長く」強い!

「ROMAKSS」さんや

「NAGASAWATOMONORI」さんの

これらのお記事。

はてさてソニートニュースさんではこういったお記事様が乱立なさっておられます。

このような「ジャンル」がはっきりしたコンテンツは検索になが~く強くなりますよね。

シリーズ化してみたり

そのジャンルの世界を紹介するなり

業界有名人を紹介するなり

業界のあるあるを出してみたり

業界の歴史を語ってみたり

最新情報をアレコレしてみたり

アメトーークみたいな感じで素人さんにも分かりやすく、時には玄人をうならせるようなキラメキもあって。みたいな。

「そのジャンルに興味がある人の検索キーワード」にしっかり絡みついていくわけですから。

その「ジャンルが存在し続ける限り」検索され続ける!

チビチビとではあろうと。

着実にPVを稼いできてくれますね。

アマゾンプライム会員になれるくらいは一生稼げるかもしれませんね。

いやもっと行きたいところではありますけれど。

いわゆる資産ブログ化。

若い人たちがF1にハマれば、当然「アイルトン・セナ」に関する「検索キーワード」を持って検索し始めますからね。

何世代にも渡って検索し続けるわけでありますよ。

つまり

「好きなジャンルの記事を人に伝えようと楽しく書いていれば、自然と検索ワードに絡んでなんやかんや見てもらえる」

というお話ですな。

ユリウス・カエサルの「ガリア戦記」だって「2000年以上」売れ続けてますからね。

「ガリア戦記」著/カエサル 訳/國原吉之助 (講談社学術文庫)

著/カエサル

ですからねホント。

著/織田信長

みたいなもんですからねまったく。

それは歴史の教科書で世界各国が「古代ローマ」と「ユリウス・カエサル」を皆に知らせてくれるから。

だから「古代ローマ偉大だなあ」とか「カエサルやばすぎwwww」とかなって

あの「カエサルはどんな時代どんな境遇どんな場所に生まれようと必ず指導者となっただろう」とまで云われて

「当代一の知識人キケロを相手にすら弁護士としても敗けたことがなく」

「どんな女もカエサルと寝たがった」

「ド変態超絶ハゲのプレイボーイ」

だなんて形容されたカエサルが「物書き」としても「ベストセラー作家」になってしまった

「あのガリア戦記」が読みたい!!

みたいになるわけでありますよ。

だから「ロマンシングローマ」もプレイし続けられる。

ゲームの宣伝

Windows用フリーゲーム「ロマンシングローマ」

これが紀元前からあったとしたらガリア戦記に負けないくらいのベストセラーですよまったくのところ確定。

トロイ無双からのローマゲームということでうまいことそこは「文明の移行」が果たせてうまい流れだったのではないでしょうか。

「よくよく宣伝するやつだとは思っとったけれど、自作ゲームまで宣伝してくるとは」

だなんて思っておられるのではないでしょうかニートでした。

※ゲーム作成つながりで「ころ」部長の復帰が望まれている今日このごろ

The following two tabs change content below.
フライング・ニートマン
フライングなニートマンです。筋金入りです。コメントはほぼ見ていないことで有名。悪気がないことでも有名。



    • このエントリーをはてなブックマークに追加