Original Stitchのオーダーシャツがサイズ感もコスパも最高な件

ダンディでセクシーなジャケパン男性

ソニートニュースをご覧のみなさま、おはようございます。ライターの池田です。あ、上の写真は池田ではありません。(知ってる)

最近このサイトで情報発信をするのが生活の一部になってきて、音楽家からWebライターに転向しようかと模索中です。

…ところで、ライターは家でできる仕事ですが、外に出るときにはなるべくオシャレでいたいですよね。女子が好きなのは「清潔感のあるオシャレ男子」だとよく聞きます。

わたくしの職場は私服出勤が可能ですが、営業に行くときには印象UPのため、ドレスシャツを着ております。

そんなオシャレアラサーにピッタリなのが、「オーダーシャツ」だと感じております。

オーダーシャツの値段が既成シャツと変わらない時代

オーダーシャツというと、「値段が高いんじゃいの?」「作るのに時間がかかるんじゃないの?」と不安に感じる御仁が一定数いらっしゃると思います。

そんな方々に伝えたいのが、「オーダーシャツの値段は既成シャツとほぼ変わらない!」ということなのであります。

値段が変わらないのであれば、自分の体にフィットしたオサレなシャツを着たいものじゃないですか。

そこで今回ご紹介したいのが「Original Stitch 」というオンラインオーダーシャツのメーカー。

この3年くらい、わたくしは毎回こちらのお店で仕立ててもらっております。

夏用のシャツを作ったのです

今回作ったのはこちらの2点。

夏用のシャツをOriginal Stitichで

夏にピッタリな白シャツと、青のストライプシャツです。襟の形は一番シャツの顔が変わってくるところで、今回は普段選ばない「レギュラーカラー」を選択。ちなみに、わたくしはワイドカラーが一番好きです。

オーダーシャツなので、襟の形やボタンの色、裏地の生地など全部選ぶことができて、サイズは各部ミリ単位で調整できるという優れもの。見た目は普通のシャツと変わらないかもしれませんが、着心地は既成シャツとは大違い!

ジャストサイズで作れるメリット

わたくしは体型でいうと小柄な方で、既成シャツがあまりフィットしない体型なのです。例えば首のサイズで合わせると袖丈が足りないとか…。ユニクロのシャツがジャストフィットの会社の上司Tさんがうらやましいです。

レギュラーカラーのシャツをOriginal Stitichで

その点、オーダーシャツだと首回りをピッタリ作れるので、ぶかぶかに見えなく安心。万が一サイズ調整が必要だった時も無料調整してもらえるので、ジャストサイズオーダーで攻めましょう。

同僚の女性社員からも「池田さんはいつもオシャレですね」と言われ、自宅ではアニメ好きのオタクでありながらも女子からの好感度を得られる素敵シャツです。

所属している音楽楽団でステージに上がるときにも、黒いパンツと白シャツのコーディネートがありますがその時にもスッキリ。団員60人以上が演奏するときにも、なるべく自分ではカッコよくいたいのでジャストフィットのシャツは欠かせないのです。

オンラインオーダーシャツなら、カジュアルで特徴的な生地で作れるのも特徴。2020年の東京オリンピック委員会の「池田信太郎さん」がオフィシャルパートナーになった写真もインスタにアップされて話題になりました。

派手すぎかい!と思いますが…同じ池田でオーダーシャツ仲間なので、いつかご挨拶できればと思っております(ぇ)

よくセールを開催しているOriginal Stitich

Original Stitch

わたくしのおしゃれ生活をサポートしてくれるOriginal Stitichのシャツですが、最近頻繁にセールやキャンペーンをやっています。

もともとシリコンバレーの社員が「外にシャツを買いに行くシャツがない」という自堕落なニーズで作った会社のようですが、毎回のキャンペーン費はどこから出てくるのか非常に興味があるところです。

初回お値引きキャンペーンは2500円ほど値引きされ、複数購入で30%割引になったり、いろいろと今アツいオーダーシャツ会社です。(初回購入ではクーポンは使えませんが、値引きされてニュースレターでクーポンが定期的に配られるようです)

ソニートニュースをお読みのあなたが、フィットシャツの快感と周りからの称賛を楽しんでいただければわたくしも幸せです!オーダーシャツ友の会でも発足させてしまうかもしれません。

それでは、また次の記事でお会いしましょう(・ω・)ノ

The following two tabs change content below.
池田利樹

池田利樹

音楽家の家庭に育った音楽大好きな東京住まい。 絵を描いたり、写真を撮ったりが好きなクリエーター。 1985年生まれなのでもうオッサンと呼ばれても否定できないデス。



    • このエントリーをはてなブックマークに追加