d-girls台湾公演2日目。ノンストップのステージングで場内に笑顔と熱狂の花を咲かせ続けた彼女たち。アルバム100人に売れたら台湾単独公演を行う企画でも、アルバムが完売。次は、台湾で単独ライブ?!

 結成4周年記念も兼ね10月16日にTSUTAYA O-EASTを舞台に行う「d-girls Tour 2017 Tour Final d-girls 4周年記念単独公演〜1000人チャレンジリベンジ公演〜」と題したライブ。その日へ向け、6月よりd-girls全国ツアーがスタート。彼女たちが初日と2日目に選んだのが台湾は台北でのイベント公演。台湾でもd-girlsへの支持が高まっていることを受け海外からツアーを始めたのも、いづれ台湾でも単独公演を行うのを視野に入れてのこと。

2日目となったライブは、台北市の南港地区にあるライブハウス、TUTU MOTO Jazz Caféで実施。この日は、d-girlsのステージに加え、リーダーのyoshimiのソロライブも行った。

 yoshimiのステージは、気持ちを弾ませるダンサブルなソロナンバー『monochrome』からスタート。刺激的な歌と演奏に触発された観客たちは、最初から高いテンションでyoshimiのステージとシンクロしてゆく。一転、バラードの『ありがとう』では、誰もがその場にジッと立ち尽くし、彼女の歌に想いを寄り添えていた。終わったあとに起きた大きな拍手からわかるように、感謝の想いを込めたyoshimiの歌は、足を運んだ人たちの心へしっかり届いていた。

 この日もd-girlsは、笑顔を導くテンション高いハッピーなダンスナンバーを次々とブースト。『Smile again』で幕を開けたとたん、場内から凄まじい歓声が飛び交った。メンバーらも満面の笑顔のもと、テンションを上げる楽曲に乗せ、その場で躍動的なステップを踏みだした。なんて気持ちを熱く楽しくさせる歌なんだ。
 今回のライブで毎回セットリストに加えてきた『brave heart』でも、会場中の人たちが5人の動きに合わせ、絶叫の声を上げながら大きく右手を振りはしゃぎ続けていた。伸びやかな歌に触れていると、気持ちに翼を授けられ空へ羽ばたいてゆく気分になれる。

感情的な歌が進むにつれ心が昂り続けた『dreamer』。メンバーの飛び跳ねる動きに合わせ場内にウェーブを巻き起こした『Happy Go Go』まで、d-girlsは会場中の人たちを巻き込み、終始、熱狂的でハッピーなライブを届けてくれた。 何より彼女たちは、着実に台湾ファンたちのハートをつかんでいた。日本から盛り上げにきたファンたちのサポートも、彼女たちの勢いへ追い風になったようだ。

 d-girlsは台湾公演独自の企画として、「アルバムを100人に完売したら台湾で単独公演を行う」企画を実施。今回のツアーでアルバムが完売。これで台湾での単独公演を行うことが決定した。
次は国内ツアーへ。その合間にも数多くイベントライブを入れてるように、海外公演を経験し、器の大きくなったd-girlsへ逢いに足を運んで欲しい。

TEXT:長澤智典

d-girls Web
http://futuredrive.jp/d-girls/web/
d-girls twitter
https://twitter.com/d_girls_FD
杉本よしみ twitter
https://twitter.com/yoshimi_1106
瀬戸千花 twitter
https://twitter.com/seto_chika
斉東由奈 twitter
https://twitter.com/saito_yuna 
こだま霞 twitter
https://twitter.com/kdm_kasumi
百瀬めい twitter
https://twitter.com/_momose33

★LIVE情報★

●ワンマン公演

d-girls Tour 2017 Tour Final
d-girls 4周年記念単独公演〜1000人チャレンジリベンジ公演〜
2017年10月16日(月)
TSUTAYA O-EAST

d-girls 全国ツアー2017決定!!

•2017.7.7 三重
•2017.7.8 岐阜
•2017.7.9 名古屋
•2017.8.19 神戸
•2017.8.20 大阪
•2017.9.23 札幌
•2017.9.24 札幌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加