【SUPER GT】オートポリス300km レース 決勝!

5月21日。大分県にあるサーキット、オートポリスでSUPER GT 第3戦の決勝レースが行われました。

熊本地震で一部路面が損傷したオートポリス。それにより一部路面が改修されて、同じサーキット内でグリップ力が変化する環境下でのレースとなりました。1、2戦で、ポイントを重ねたLC勢は思いハンデを背負い戦うことになりました、一方NSXは全車50kgの軽量化が図られています。GT500は激戦が予想されていました。

GT300のJAF-GTやMCは、有利と言われるオートポリスで是が非でもポイントを稼ぎたい所です。それでは結果を見ていきましょう!

大激戦GT500

予選でPPを獲得した100号車No.100 RAYBRIG NSX-GTがNSXの復活を思わせる闘いを期待されて始まった第3戦。ハンデをものともしないLC500の戦闘力は本当に驚愕でした。開始早々スタートダッシュを決め逃げ切るべく猛烈に攻めるNSX一方LCは2位のS-rood GT-Rに蓋をされる形で前に出られません。一度SCが入り不運にも差は無くなってしまうのですが、それでも状況は変化せず狭いオートポリスで攻めあぐねるLC500をしり目にRAYBRIG NSX-GTは逃げます。

2位以下は大混戦。道幅の狭いオートポリスでこの状況は危険そのもの、各所で接触が多発します。
混戦の中、猛烈に順位を上げるマシンが一台。au TOM’S LC500(36号車)。予選の時中島一貴アタックラップ中に砂遊びしてしまい7番手スタートのブチ切れのジェームス・ロシターの狩るマシンです。同士討ち覚悟の鬼気迫る走りで多少の接触お構いなしのヨーロピアンな走りでぐいぐい上位へ登っていきます。一方2戦の勝者ZENTは接触により損傷。ハンデも重くのしかかったようで順位を落としていきます。LC500は、ハンデを物ともしない戦闘力を持つ反面それを支える空力パーツが損傷すると一気に戦闘力を失うみたいですね。

混戦を制しSroadGT-Rを抜いたLC500は猛然とペースを上げます。au TOM’S LC500とDENSO KOBELCO SARD LC500二台は激しい接近戦を行いながらあれよあれよという間にRAYBRIG NSX-GTに追いつきます。そして3台の闘いはピット戦争へもつれ込みます。手早く済ませたトヨタ陣営に対しRAYBRIG NSX-GTは若干遅れをとり逆転を許します。

その後2台のLC500の死闘はドライバーが変わっても続きます。一方3位に落ちたRAYBRIG NSX-GTを狙い後続にGT-Rが二台、LC500が一台と猛烈にペースを上げるKEIHIN NSX-GT(17号車)が責め立てる激しい3位争いが勃発します。しかし全車RAYBRIG NSX-GTをかる伊沢選手の上手いブロックになかなか前に出られず後方で小競り合いが続いていました。その混戦をいち早く抜けたしたのはKEIHIN NSX-GTでした、WAKO’S 4CR LC500との接触があって若干損傷こそしましたがそのまま100号車を抜き3位を確保しペースを上げます。一方No.6 WAKO’S 4CR LC500は戦闘力を失ったようで、後退します。これによりLC500の表彰台独占は潰えました。

そしてLC500二台の闘いは最終局面へ移行します。レース終盤その戦局は一気に動きます。そして思いもよらぬ結末へと…

このクラッシュにより、au TOM’S LC500の勝利となりましたが、どこか後味悪いものに…実況スレでも、これはau TOM’Sにペナルティくるか?いやレーシングアクシデントだろ?などといろんな意見がいきかいました。もしペナルティだった場合はau TOM’S LC500の勝利は無かっただけでなく、LC500勢が一台も表彰台に登れない事態になっていたかもしれません。

第三戦優勝を勝ち取ったのは傷だらけのau TOM’S LC500でした!

汚名返上とと臨んだ中島一貴でしたが、見事1位を獲得できて一安心でしょうね。WEC(世界耐久シリーズ)では、目覚ましい戦果を挙げていたものの国内レースではどこか上手くいっていない印象こそありましたが、これから復調してルマンへ望んでほしいものですね!

ジェームズ・ロシターの鬼気迫る走りは本当に印象深いレースでした。各所でバトルが繰り広げられら名レースでした。

それにしても、各所で起こった同士討ちや接近戦での損傷で順位が上がらなかったLC500に対しNSXの健闘が目立ちました2,3に入ったNSX-GTの闘いを機にNSX復活を願いたいですね。

86vsBRZ姉妹車対決に沸いたGT300

Jスポでレースを観戦していたんですが…今回ほとんどGT300クラス映らなかったんですよねー(GT500が白熱しすぎたため)
しかし、GT300もGT500に負けず劣らずの接近戦でした。

まず、単独スピンしたGT500のARTA NSX-GTにaprのプリウスが激突するクラッシュがスタート直後に発生、そこに坂東商会の86が巻き込まれピットインする事態に…いきなりのセーフティーカーランとなりました。再スタート後飛び出すのはやはりVIVAC 86とSUBARUのBRZが追いかける展開になっていきます。思えば二台は終始競いあう非常に激しいレースでした。

物凄い乱戦の中、BMWの調子が非常に良くARTAのBMW M6も少し離れて前を行く二台を追いかける漁夫の利作戦を展開。スタディのBMWも9番手スタートながら着々と順位を上げてきました。
GSRのAMGやGAINERのAMGも上位を狙い無難にはしり続けており、まだまだ表彰台はわかりません。

レース後半、ギャンブルに出たのがARTA。タイヤ二本交換のみでピットアウト大きくピットタイムを短縮しトップに立ちます。これには優勝争いをおこなう2台もびっくりでした。そのまましばらくトップを走っていたもののやはり重量級のM6はタイヤに厳しく追いつかれてしまいます。しばらくブロックするもやはり二台には追い付けず3位に終わりました。

AMGはGAINERがタイヤぽろー事件をやらかしリタイヤ(離タイヤでリタイヤ)

これに乗じてスタディのBMWが4位に入りました。やはりかなり怪しい存在でしたねBMW。

優勝争いは来週ラップまでもつれ込み制したのは。VIVAC 86見事なポールトゥウィンでした!

次は、マモノ巣くうSUGO

次戦はおまちかねのスポーツランドSUGOです。マモノが牙をむく時が…くるかもしれません。(岡山ですでに大暴れしましたが…

たのしみですね!


※画像はすべて、SUPER GT OFFICIAL WEBSITE様から引用させていただきました。

※ツイッターについては、利用規約に従い適切に引用させていただきました。

The following two tabs change content below.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加