【ネタバレ注意】日テレ×WOWOW×Hulu ルパン三世 スピンオフ 実写ドラマ「銭形警部」を見た感想レポート

佐藤写楽の芸名(?)の由来はもちろん、かの名探偵シャーロック・ホームズ。活字が苦手なのに、幼少期の間にホームズだけは全巻読破したほどの生粋のシャーロキアンです。

そして、作品の枠を超えたコラボレーションの走りとも言える「アルセーヌ・ルパン対シャーロック・ホームズ(正確にはホームズではなくパロディ)」という小説作品があります。著者はルパンを書いている毛利蘭……じゃなかったモーリス・ルブラン。

だからという訳じゃあ~りませんが、「ルパン三世」はマンガもアニメも大好物。子供の頃から目を輝かせてテレビスペシャルに見入っていました。

その筋(どの筋?)からは邪道と言われるかもしれませんが、好きな作品はジブリの宮崎駿さんが監督をされた「カリオストロの城」や「死の翼アルバトロス」。他の作品も甲乙つけがたいくらい大好きです。

そんなルパン三世の永遠のやられ役……ライバル、とっつぁ~んこと銭形警部が何と実写ドラマ化! これはチェックせねば!

幸いなことに契約しているHuluで見られるので、早速Hulu版第一話を視聴しました。この「銭形警部」というドラマ、日テレ・WOWOW・Huluで別々のストーリーが放送されるらしく、どれを見ていいやら迷います。余談ですが、日テレはHuluに出資をしているので、Huluには日テレ系のテレビドラマやバラエティが結構アップされていたりします。

さて、今日はそんなルパン三世のスピンオフ実写版ドラマ「銭形警部」の感想をレポート。ネタバレめっちゃしてます。

銭形のとっつぁんが、とっつぁんじゃないじゃない

何でしょう。この昭和感不足。身なりが小奇麗で、若々しくてマッチョで爽やか。平成感丸出し。

病院のシーンがあるんですが、本家ならヘビースモーカーの銭形警部が院内でタバコを吸おうとして看護師さんに諌められ「このご時世じゃしゃーないか(トホホ)」的な演出があってもいいのでは? と、思いました。タバコを吸おうとするシーンが一切ありません。

それと一番気になったのはワイシャツ。真っ白でピシッとクリーニング済み。これじゃ銭形警部じゃないじゃない。とっつぁんなら、ヨレヨレのワイシャツじゃないと。衣装は全部ヨレヨレに叩いて汚すくらいで丁度いいッス。丈の合っていないズボンでずり下がった靴下が見えてないと。詰めが甘いなあ。

役者さんは非常に頑張っているのが分かるので言いたくはないんですが、もうちょっとガリガリの疲れたオッサンの方がいいのでは? 設定年齢的には合ってるのかもしれませんが。

「ルパン三世の銭形警部が実写ドラマに!」とか言って宣伝してる割に、全体的にまったく別物。

銭形のとっつぁんが、とっつぁんじゃないじゃないパート2

犯人との格闘シーンがあるんですが、銭形のとっつぁんは実は柔道の達人。チャンスです。そうだ! 柔道技で投げ飛ばせ! と思ったら、殴り合いのドつき合い。えー……。

さらに言えば、機転を利かせて火を起こして助けを呼ぶシーンがあるんですが、「ヤツ(ルパン)だったら、こんな時どうする?」的な心の声を入れて欲しかった。状況に合わせて機転を利かすのは、彼奴(きゃつ)の十八番(おはこ)でしょうが! 息子がまだ食べてる途中でしょうが!

トドメの電撃もなんだかなぁ~って感じです。せっかくロープ的なものが転がってるんだから、手錠に巻きつけて「いつものヤツ」を期待しちゃいました。肩透かしばっかりで、期待し過ぎたのかも。

銭形のとっつぁんが、とっつぁんじゃないじゃないパート3

何か銭形のとっつぁんがクールです。いやクールな時も結構あるんですが、やっぱり涙もろくて泣いて叫んでこそとっつぁんなんじゃないかと。

「昭和の刑事の泥臭さ」こそ、銭形のとっつぁんなんじゃないかと。

人間力っていうか、熱い魂っていうか、オッサンのど根性っていうか、ハードボイルドっていうか。そういうものが感じられません。小奇麗でクールでスマートで、小さくまとまってる平成感。コレジャナイ。

もっとドタバタしろよ! もっと失敗しろよ! もっと熱くなれよ! そうだいいぞ! もっと!(松岡修造風)

ルパン三世要素が足りない

オリジナリティを出したいのは分かります。それで面白かったらいいんです。でも中身は凡百の刑事ドラマ以下。ルパン三世という大看板がなかったら、見向きもされないでしょう。せっっっっかくルパン三世という優れたコンテンツのスピンオフなんだから、もっとルパン三世要素が出てきてもいいのに!

せめてシルエットでルパン三世を登場させて、陰ながらとっつぁんを助ける的な使い方が出来るのでは? ルパンにとってはヒマつぶし的な感じで。

モンキー・パンチ先生の許可も取っているようなので、いくらでも使い放題でしょう。せめてシルエットでルパン三世出しましょうよ!

今回の犯人が射撃の名手でしたから、次元をストーリーに絡ませても面白かったでしょう。

お色気要素が足りない

ルパン三世と言えばやっぱり不二子ちゃん。不二子ちゅわ~ん。

キャラ本人を出演させなくても、せめてどこかに妖艶な美女を配置して欲しい。主要キャストに女性が元AKBの前田敦子さんだけってどうなんスか? いや、前田敦子さんがどうって訳じゃあないんです。もうちょっとほら? ね? 何かエロい系の美人がいてもいいのかなって。

オリジナリティとかいいからルパン三世に寄せてくれ

もう全話撮り終わってたら意味のないメッセージなんですが、出来ることなら最大限ルパン三世というコンテンツを活かして欲しい。じゃなかったら、「ルパン三世の銭形警部だから見る」という層を置いてきぼりにしてしまいます。

ルパン三世のスピンオフならルパン三世に、銭形のとっつぁんならとっつぁんに、もっとフォーカスして欲しい。このままだと、名前だけ借りたまったく別の駄作です。

とか言ってるけど最後まで見る

ええ見ますとも。最後まで、とくと拝見させていただきますとも。だってルパン三世大好きっ子だもん。だもん。

最後になりますが、せめてルパンはどこかで出して欲しい。ついでに、銭形のとっつぁんがピンチの時になぜか丸く壁が割れるとか、犯人の銃がどこからかの狙撃で吹っ飛ぶとか、そういう「粋な演出」があることを期待しています。次話を楽しみにしていますので、どうか頑張ってください!

追記:日テレの金曜ロードショー版は結構面白かったッス。Huluで見れました。でもやっぱり「ルパン三世要素」がもっと欲しいな。




    • このエントリーをはてなブックマークに追加