カテゴリー

【POSICOIN】 野球シーズン真っ最中!!野球系仮想通貨ポジコインが熱くなってきた。

〇ポジコイン(POSI)とは

仮想通貨×野球=世界一のポジティブ通貨

ポジコイン(POSI)は、ネット上で横浜ベイスターズファンを表す「ポジハメくん」をメインキャラクターに展開する仮想通貨。世の中をもっとポジティブにするために生まれた仮想通貨であり、ファン同士のコミュニケーションツールとして流通しています。

公式サイト:POSICOIN(ポジコイン)

もちろん横浜ベイスターズのみを対象にしたものではありませんので、自分の好きなプロ野球チームのファン同士で交流を行うこともできますし、ライバルチームのファン同士で交流を行うことも可能です。

コミュニケーションの場の中心であるディスコード内には、チーム毎の部屋がありますし、なぜかサッカー部屋までありますw

ディスコード内では、月間MVPの予想などが行われていたり、チャットでコメントすると経験値がたまりレベルアップすることで、エアドロップ企画やその他特典に参加できるようになる仕組みになっています。

ポジコインディスコード

〇ポジコイン(POSI)の基本データ

コインの名前:POSICOIN
コインの単位:POSI
コインの種類:ERC20 (イーサリアム20トークン)
小数点以下の桁数:0
発行数:3億3400万枚
制作年:2018
コントラクトアドレス: 0x302ef9993efDCEEd5dEA53Ef1F0704d913038C65

〇取り扱い取引所

ポジコイン(POSI)は、現在、DEX(分散型)系のForkDelta(フォークデルタ)に上場されています。
公式サイト内とディスコード内には、ForkDelta(フォークデルタ)での取引方法などがわかりやすく解説されていますので参考になると思います。

ForkDelta(フォークデルタ)

それと、次の上場について、公式からアナウンスがありました。

予定している上場先は、コインエクスチェンジ(coinexchange)Yobit.netをはじめとした海外取引所。現在も交渉を続けているということですが、現在世界的に新規発行通貨が多く、新規上場は順番待ちという状況だそうです。

コインエクスチェンジ(coinexchange)は、中央型の取引所に上場するための登竜門的な取引所です。
先日も、なんJコイン(NANJCOIN)などの国産通貨がコインエクスチェンジ(coinexchange)に上場しました。

Yobit.netは、数百種類草コインを取り扱う海外の取引所です。
日本人ユーザーも多くブログなどで情報も得やすいので、こちらも上場できれば国内だけでなく海外の人への認知も期待できます。

新規の上場が目の前まで来ている感じですので、実現すれば通貨そのものの流動性や価値の向上につながるのは、もちろんなのですが、上場によって、このポジコイン(POSI)が、海外の人を含め、より多くの人に広がるきっかけとなりますのでポジティブニュースです。

ポジコイン(POSI)の上場が決定しました。(20180803更新)

別サイト:【POSICOIN】 ポジコインが遂に中央型の取引所「CREX24」に上場!! 上場の先に見据えるものはこれだ!

〇ポジグッズプロジェクト

ポジコインは、グッズ製作を行って、球団公式との交渉を行い、全国のスタジアムショップ、有名雑貨屋、おもちゃメーカーで取り扱いする予定です。
またポジコインによる支払い整備も考えられます。将来的には絵本化、アニメ化も狙っているようです。

ポジコインのホワイトペーパーは、絵本のような独特のつくりになっています。これを見ると、たしかに絵本などには向いているのではないのかなぁと思います。

〇まとめ

野球好きの人はもちろんのこと、野球はよくわからないけど仮想通貨には興味がある人など、きっかけは人それぞれ色々なタイミングでいいと思いますので、ポジコイン(POSI)のことを知ってもらえればいいかなと思います。

なかなかほかの通貨にはないクセをもった面白い通貨です。

気が付いた時には、横浜スタジアムの売店でポジグッズが並んでいたりして・・・

楽しみです。