カテゴリー

【フェチ+仮想通貨】マツコの知らないフェチの世界?――あなたの美点やコンプレックスが、他の誰かを救うかも?フェチ要素に価値を見出すフェチコイン!【女性応援】

フェチの世界

fetish coin project
初めまして!
心臓フェチ(心音や鼓動を感じるのが好き。特に不整脈が大好き)というちょっと変わったフェチを持っているHimmeliと申します。
皆さんは何かフェチをお持ちでしょうか?
もしお持ちであるならば、そのフェチ欲求は満たされていますでしょうか?

そもそもフェチとはどういうものか、ご存知でしょうか。具体例を挙げてみますね。

【女性に多いフェチ】

  • メガネフェチ
  • 筋肉フェチ
  • 血管フェチ
  • 声フェチ
  • 匂いフェチ
  • 服装フェチ(軍服、和服、スーツなど)
  • ヒゲフェチ
  • 鎖骨フェチ
  • 手フェチ
  • BL

【男性に多いフェチ】

  • 髪フェチ
  • 表情フェチ(笑顔、困った顔、泣き顔、寝顔など)
  • うなじフェチ
  • 脇フェチ
  • 脚フェチ
  • 尻フェチ
  • 靴フェチ
  • ぽっちゃりフェチ
  • スレンダーフェチ
  • 服装フェチ(ロリータ・ファッション、ボディスーツ、競泳水着、制服など)

fetish coinが実施しているアンケートの回答結果、および、Discordコミュニティ参加者の皆様からの事実に基づいた情報です)

これらに当てはまった方は、かなり多いかも知れません。また、フェチ=エロではないということもおわかりいただけたかと思います。
では次に、特殊な分類に入るフェチを挙げてみたいと思います。

【女性・男性を問わないマイナーフェチ】

  • 金属・機械フェチ:磨き込まれた金属や、SFの世界のロボットに惹かれる
  • 口内フェチ:歯科矯正中の歯や、綺麗な歯並び、または悪い歯並びが好き。舌や唾液も対象
  • 医療フェチ:人工呼吸器をつけたり、心臓マッサージを見たり受けたりしたい
  • マスクフェチ:マスクを付けた人が好き。ガスマスクも含む。この中ではかなりメジャー
  • 義手・義足フェチ:義手義足の付け根や、義手義足そのものの造形に美しさを感じる
  • クリーチャーフェチ:バイオハザードシリーズに出てくるようなモンスターが好き

  
これらに当てはまった方、ぜひ友達になりましょう(私はどのフェチの魅力もよく分かります)。他にどんなフェチがあるの?という方は、少し前の情報ですが、私が会ったことがあるフェチの一覧があるのでご覧ください。さて、フェチという言葉の定義については、Wikipedia(フェチとは)にお任せして、話を進めたいと思います。

日本では「フェチ」という言葉は比較的、市民権を得ていますね。ただ、特定の国やあるいは特定のフェチは、存在すら許されないという雰囲気があるのも確かです。そして実は、フェチ業界は特殊な環境ゆえに、フェチに悩んでいる人や、その特殊性を利用して悪事を働く人が後を絶たない業界になっています。

その問題を解決するために生まれたものが、本記事で紹介する fetish coin という暗号通貨、および、そのエコシステム(循環経済)です。

fetish coinは暗号通貨(仮想通貨)の一種ではありますが、仮想通貨について詳しくない方にも利益を得てもらいたい、というコンセプトで開発されています。このため、本記事では仮想通貨について詳しくない方にも分かりやすいように記載しています。

「小難しいのはいいや!何か面白いイベントないの?」という方は、イベント情報の項を参照ください。フェチっぽい尖ったイベント、やってます。

「もう少しフェチについて詳しく聞いてみたい」という方は、このままお読みください。フェチ界隈の闇、書いてます。

fetish coinとは

fetish coin開発の目的は、公式サイトでは次のように記載しています。

とありますが、ややこしいことは抜きにして、もっと簡単に表現すると、以下のような感じになります。

「フェチに関するコンテンツ(以下、フェチコンテンツ)の購入や、フェチコンテンツ提供者に対してのチップとして気軽に使えるコイン」です。

基本はこれだけなんです。fetish coinはあくまで暗号通貨(コインと表現していますが、正確にはトークンと言います)ですので、その通貨ってなんなの?と聞かれると、このくらいの簡潔さになります。(暗号通貨に詳しい方向けに書くと、ETHの仕様に準拠したERC223トークンです。NANJCOINと同じですね)

でも、実際にはもっと色々な、フェチ業界の課題を解決します。それは、fetish coin と一緒にエコシステム(循環経済)を構築するからなのです。

このエコシステムにより、例えば不整脈を持つ方が心音を気軽に販売または配信して利益を上げられるようになったらどうでしょうか。一般に不整脈とは、従来の考え方であれば不利益のみを生ずる病ですが、このエコシステムにおいては利益を生み出すことが可能な個人の「強み」となります。

このように、fetish coin project は皆様の身体の美点や、あるいは欠点までをも、フェチと いう観点で価値ある資源にすること、またその報酬により、皆様の生活のより一層の充実を支援することを目標の 1 つとして開発しています。

さて、そのエコシステムについて詳しく述べる前に、フェチ業界の課題についてお話していきます。

フェチに潜む闇 – フェチ業界に何が起きているのか

フェチ業界は、様々な課題を抱えています。そのいくつかを、具体例を挙げて説明します。

  1. 偏見の目
  2. 利益問題
  3. コンテンツの流出・安全性
  4. 供給不足・コミュニティ不足

【1. 偏見の目】

フェチはしばしば「恥ずかしいもの」として捉えられます。特に、マイナーなフェチや女性のフェチほど、そうした偏見の目にさらされる傾向があります。

先に述べたマイナーフェチのうち、「義手・義足フェチ」に対して、不謹慎だと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。あるいは、「クリーチャーフェチ」と聞いて、「頭がおかしいんじゃないだろうか……?」と思われた方もいらっしゃるかも知れません。もっと言うと、私の「不整脈が好き」発言に対しても、何だこいつは、と思われているかも知れませんね。これはまだ良いほうで、例えば軍役があり規律に厳しい韓国において「私、マゾなんですよ」とでも言おうものなら、親族総出で「なんて恥ずかしい!今すぐ考え直せ!」と説得に来るレベルなのです(誇張ではありません、実際にある話なんです……)。

しかし、フェチとはその人が本当に愛するものなのです。「それ、変だから辞めたほうがいいよ」と言われようとも、変えることができない、根源的な「好き」なのです。それゆえに、マイナーフェチを抱える方は「偏見の目で見られるのが嫌で、フェチを隠すしかない」という多くの悩みを持っています。少数派だから変、というのは、筋が通っていないと思いませんか?

例えば、「巨乳」や「高身長」が好きという嗜好は市民権を得ているのと同様に、手や足がないのがカワイいという“欠損萌え”が市民権を得たっていいはずです。萌えポイントが欠損だろうがそうじゃなかろうが同じこと。自分も四肢欠損だから“親近感”を持って取り上げたわけではなくて、少数派が認められないっておかしいよねってことで取り上げたんです。

ご自身も「欠損男子」である乙武洋匡さんが、「欠損BAR」の女性店員さんとの対談でこう語っています。

【2.利益問題】

ニッチな業界に利益問題はつきものです。フェチ業界も例外ではありません。

これは、日本のフェチビデオの一例です。

お腹の音の動画ですね。決して、ポルノ動画ではありませんよ。単純に、お腹の音を収録した動画です。

この動画はかなり高価で販売されていますが、この動画が売れる度に、モデルの女性にはどれだけの報酬が入っていると思いますか?

実際は、1円も報酬が入っていないことがほとんどです。それは「動画の買い取り制」が横行しているためです。つまり、動画の撮影者は「1時間1万円」といった撮影時の報酬のみを支払っており、売上に応じた報酬が入っていかないようにしている、ということですね。海外の販売サイトでは一部歩合制を採用しているフェチビデオも存在しますが、そうした歩合制の多くは販売側によって報酬率の操作が行われ、やはりモデルに支払われる報酬は利益の10%程度にとどまっています。モデルの方には、もっとちゃんとした報酬制度があって然るべきです。

今回はフェチビデオを例に挙げていますが、これはイラストや写真などのメディアであっても同じことです。fetish coinはこれらメディアの著作者の権利を保護するための技術開発も行っています(詳細は後述)。

※ フェチビデオをビジネス化している方は、いわばそのフェチ業界のカリスマ的先駆者です。 決してその取り組み自体を非難するものではありません。

【3.コンテンツの流出・安全性】

先に挙げたフェチコンテンツは、一部のポルノサイトに転載される、ということが多発しています。こうした動画の流出によって、モデルの顔が不特定にさらされるというのは許されないことです。そして多くの場合、モデルの方は、自らが映ったフェチビデオがそのような扱いを受けているということを知りません。また、多くのフェチは、最終的には人と人の触れ合いに帰結します。しかし、 フェチにおける触れ合いは、残念ながら安全とは言えません。「このフェチを騙っておけば簡単にヤれる」といった情報が出回るなど、フェチを利用して異性を食い物にしている人々が存在します。

【4.供給不足・コミュニティ不足】

マイナーなフェチほど、当然、供給者が少ないということになります。先に挙げた心臓フェチにおいては、心音を提供してくださる方が必要不可欠ですが、自ら進んで心音を提供してくださる方がどれだけいらっしゃると思いますか? 同じ心臓フェチの、有志の方が心音を提供してくださることはもちろんありますが、ごく一部に限られています。また、心音提供者の絶対数が少ないため、その質に必ずしも満足できるとは限りません。私は不整脈をこよなく 愛しているのですが、クリアな音質で録音された不整脈を心ゆくまで聴ける機会は一生を通じてもほとんどない、というのはきっと皆様にもご想像いただけることしょう。こうした供給不足が原因で、フェチに関連したトラブル・犯罪が発生しているというのも、皆様にはご理解いただけることでしょう。そして、大抵のフェチにおいて、同じ趣味を分かち合える友人(コミュニティ)が不足しています。フェチアンケートの回答によると、女性ほどその傾向があるようです(フェチが恥ずかしいので公言できない)。

これらの課題を解決するために、fetish coinのプロジェクトが立ち上がりました。
fetish coin project

fetish coinとエコシステムで何ができるのか

fetish coinのプロジェクトでは、暗号通貨(トークン)の発行とともに、Webサービスなどを提供することでエコシステムを構築します。

【Webサービスが提供する機能】

フェチコンテンツのマッチング、ビデオストリーミング、販売、チップが可能なWebサービスを提供します。

具体的な説明は公式サイトホワイトペーパーに記載されています。

端的に述べると、以下のようなことができるようになります。

①「自分だけこだわりのフェチコンテンツ」を購入できるようになります。Webサービス上で「こんな人による、こんなフェチコンテンツが欲しい」というリクエストを発行し、リクエストに該当する方からそのコンテンツを購入できるようになります。

②以下のようなフェチコンテンツを誰でも手軽に配信して、利益を得られるようになります。

手や腕に関するフェチコンテンツの例:

① 女性の白くてキレイな手

② 男性の血管が浮いた腕

③ 服の隙間からちらりと見える脇

声や音に関するフェチコンテンツの例:

① 女学生による「あなたの名前を呼んで、好きだよって告白します!!!!」動画

② 好みのイケボによる Sっ気のあるセリフ集

③ 不整脈の心音動画、お腹の音動画

③これまで購入が難しかったマイナーなフェチコンテンツが購入できるようになります。公式フェチチャンネルがモデルを起用し、マイナーなフェチをサポートします。

ここには挙げませんでしたが、いわゆる「フェチぃ」イラストや、コスプレの写真集などもフェチコンテンツになるでしょう。もちろん、これらのコンテンツが流出しない仕組みを、fetish coin projectは構築していきます。さらに、ここでは詳細を述べませんが、フェチ展なども計画しています。

では、これらの取り組みが一体どんな価値を生むのでしょうか。

fetish coinの提供価値

fetish coin および エコシステムが提供する価値は、大別すると、次の3つになります。

  1. フェチコンテンツ提供者への利益
  2. フェチコンテンツ消費者への利益
  3. 社会的意義

それぞの価値は、以下の通りです。

A. フェチコンテンツ提供者への利益: フェチコンテンツを扱う仲介業者による利益の中抜きを防ぎ、提供するフェチコンテンツの質に応じた適切な報酬を得られるようになります。また、フェチコンテンツ消費者からのチップ等によって報酬を受ける機会が増え、より上質なフェチコンテンツをより高頻度で提供したいと思えるようになります。

B. フェチコンテンツ消費者への利益: 前述した仲介業者による利益の中抜きを防ぐため、自分の好きなフェチコンテンツを手頃な価格で購入しやすくなります。また、フェチコンテンツ提供者に対してリクエストを発行するこ とで「自分だけの(=世界に一つだけの)フェチコンテンツ」を手に入れられるようになります。さらに、フェチコンテンツ提供者の絶対数が増加するため、これまで不足していたマイナーフェチに関するフェチコンテンツを手に入れやすくなります。

C. 社会的意義: フェチという観点での偏見を排し、フェチに対するオープンで平等な社会を実現することにつながります。ここではその一例として、欠損フェチというフェチを紹介します。欠損フェチは、主に義手・義足の男女、つまり、四肢を欠損した方に萌えるというフェチです。ここで想像していただきたいのですが、彼ら/彼女らが fetish coin project において、「欠損」という自分にしかない強みから利益を出せるようになり、日々の生活を便利にする電動義手を購入できるだけの資金が集まったとしましょう。これは金銭的なサポートとして、社会的意義があると言えないでしょうか。あるいは利益ではなく、欠損フェチコンテンツの消費者からの温かい言葉が彼ら/彼女らの心を支えてくれるかも知れません。

fetish coin project は、C.社会的意義 で述べたような社会の実現を目的としています。また、その実現のために、収益の一部を社会に還元する用意があります。

さらに、コンテンツを扱うエコシステムとして欠かせない、以下の価値も提供します。

D. 安全性:「①fetish coinによる支払い情報の不要化」、「②トークン凍結・回収機能による犯罪抑止」、「③ブロックチェーンおよびスマートコントラクトを活かしたコンテンツ情報流出防止」などを検討中です。①は、簡単に言えばクレジットカードなどの情報の記入が不要になるということです。フェチコンテンツを統括して扱うこのWebサービスがfetish coinを取り入れることで、怪しいWebサービスなどに支払い情報・個人情報を入力する必要がなくなり、フェチを利用した詐欺・スパムなどの被害を減らすことが出来ます。また②は、望まれないWebサービス利用者に対して規約違反抑止・犯罪抑止の効果を発揮します。③は、コンテンツの転載を防止するために技術開発中です。

実際の技術開発例はコチラです。

さて、ここで最初の方に述べた「フェチにおける課題」を見直してみましょう。それぞれ、以下の提供価値が、課題と対応しています。

  1. 偏見の目:Cに対応
  2. 利益問題:AとBに対応
  3. コンテンツの流出・安全性:Dに対応
  4. 供給不足・コミュニティ不足:AとBに対応(Webサービス上で各フェチコミュニティも形成)

となっています。

最終的に形成されるエコシステムは、次のようなイメージです(雰囲気だけ掴んでもらえればいいと思います)。

イベント情報

お待たせしました! イベント情報です!

fetish coinでは、4月現在、2つのAirdrop(fetish coin:FETの無料配布)イベントを開催しています。

どちらも皆様に面白いと思って頂けるような工夫をしているので、ぜひ参加してみてくださいね。参加に必要なものは、ETHアドレスというものだけです。

ETHアドレスの作成方法は、ブログなどで解説されているので参考にしつつ、やってみてください。難しければ、fetish coinの公式コミュニティ(Discord)でも作成方法を案内していますので、こちらを参照いただいてもよいかなと思います。Discordの参加方法はこちらで解説されています(招待コード:)。

【追記】

5月に入り、以下に記載しているイベントは一旦締め切りました。

またイベントを開催すると思いますので、そちらでぜひご参加下さい!

【AirDrop1 概要】

  • 公式サイトにてETHアドレスを登録いただいた方に 5,000FET をプレゼント!
  • ETHアドレス登録後、公開フェチアンケートに回答で 20,000FET をプレゼント!
  • 有効なアンケート回答100件毎に、アンケート回答者全員に 2,000FET を追加配布!

ポイントは、皆様のフェチアンケートの回答状況が見られるようになっている点です。アンケートの仕様上、すべての回答を表示はできませんが、特徴的な回答などは公式TwitterやDiscord内でも紹介しています。ぜひ、一度見てみてくださいね。

【AirDrop2 概要】

  • イベント情報ページに記載手順を満たして、コミュニティ内でフェチトークを行うだけで、最大 100,000FET 以上をGETできます!
  • 手順を満たしたら、コミュニティ内で楽しく会話するだけ!会話量や、Discordへの友達招待数に応じて報酬も増えていきます!

ポイントは、Discord内であなたがフェチについて語る部屋(チャンネルといいます)を自由に作成できることです。また、同じフェチの友達を見つけやすくするために、誰が何フェチであるかを見えるようにしています。現在、100チャンネル以上が存在し、700人以上がフェチトークを行っています。もちろん、女性保護のための取り組みも行っているので、Discordだけでもぜひ覗いてみてください。

下図は、4月現在存在するチャンネルの抜粋です。

開発メンバー、パートナー

現在、開発者 3 名とアドバイザー1 名で開発しています。開発者はいずれも従業員数 1 万人 を超える日本の有名企業の最先端ソフトウェアエンジニアです。

また、fetish coinは複数の国産仮想通貨の開発者様と相互応援関係にあります。

NEETCOIN様、NANJCOIN様、otaku token様、INNU様、MoffCoin様、漁夫の利トークン様、にちりんトークン様、めしこいん様、北大コイン様などには特にお世話になっております。国産仮想通貨全体を盛り上げていきたいと思っていますので、応援いただければ幸いです。

fetish coinの今後

fetish coinは、現在コミュニティを拡大中です。

先日は、「日本最大のフェチポータルサイト」であるフェチ東京様と協力関係を結ぶことができました。また、フェチに詳しく、法律の専門家であるHidemiさんをアドバイザーとして迎え入れることができました。

法律の関係上明言できないこともあるのですが、今後はWebサービスのモック〜α版の公開、法人化といった発展も予定しています。

現在は日本での活動がメインですが、フェチ市場は全世界に存在します。今後、全世界に向けて活動を広げていくことになります。

詳細はホワイトペーパーをご参照ください。

【追記】
次の記事でも記載しましたが、fetish coinが 2018/05/04にAbemaTVに出演しました。

応援くださった皆様のおかげです、ありがとうございます。

さて、フェチの世界はいかがでしたでしょうか。

フェチは身近なものでありながら、悩んでいる方が多いのも事実の分野です。皆で協力して、フェチにおける課題を解決していきましょう。

fetish coinでは男性のフェチはもちろん、軽視されがちな女性のフェチも応援しておりますので、何かあればお気軽にご連絡ください。

皆様のフェチ欲求が満たされることを祈っています。

では、またお会いしましょう。

関連リンク

公式サイト:https://fetishcoin.github.io/

Twitterhttps://twitter.com/fetishcoin

Discordhttps://discord.gg/b676RZm

イベント情報:https://fetishcoin.github.io/events

The following two tabs change content below.
Himmeli - ヒンメリ
心臓フェチな人。フェチを応援する仮想通貨を開発しています。https://fetishcoin.github.io/ 心臓好きが昂ぶりすぎて医大編入を志すITエンジニアです。 たまにコスプレや、小説でアブノーマル系の同人活動もやっています。 VALU:準備中。