仮想通貨の定期預金で草コインの配当を貰おう!分散型取引所CryptoBridge(クリプトブリッジ)のBCOステーキングの方法とリスク

仮想通貨 定期預金 BCOステーキング

仮想通貨取引でチャートを追うのに疲れた方にオススメの「仮想通貨の増やし方」をご紹介します。定期預金のようにコインを預けておくだけで、取引所の手数料収益の一部が分配(配当)される仕組み。

今回はこの「BCOステーキング」のやり方やリスクなどを分かりやすく、初心者向けに解説したいと思います。

分散型取引所CryptoBridge(クリプトブリッジ)とは?

クリプトブリッジとは、日本で話題のモナコイン(MONA)やBitZeny(ZNY)、XPや筋肉コイン(SHND)など、数多くの草コイン(アルトコイン)を扱っている海外の取引所です。意欲的に新しいコインを上場させていて、サイトが重いという一点を除けば非常に使いやすい魅力的な取引所です。

現在は日本語に対応していますが、バイナンスのように金融庁の不当な圧力で英語に戻ってしまう可能性もあります。サイトやソフトウェア自体が非常によく出来ているので、英語でもそれ程迷わずに使えると思います。

クリプトブリッジの特徴は、ビットコイン(BTC)建て以外にモナコインやBitZenyなどのアルトコインで直接他のコインを購入することが出来るという点。他の取引所ではビットコインかイーサリアムがコインを購入する基軸通貨になっているのが一般的ですが、「通貨ペア」という仕組みで草コイン同士を交換(取引)することが可能になっています。

「分散型取引所」というのは、簡単に説明すると取引情報のやり取りを個人間(P2P)で行う形態の取引所。「自己責任でアカウントの管理や取引を行う」というものです。ですので、通常の取引所にあるようなサポートがほとんど受けられません。その代わり、中央集権型の取引所と違ってセキュリティ面でハッキング・リスクが低く、各国の規制による倒産や業務停止のリスクなども低くなっています。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)の登録方法

日本の仮想通貨取引所では細かい個人情報の提出を求められます。海外の「ビットレックス」や「バイナンス」といった主要な取引所でもパスポートの提示が必要ですが、分散型取引所であるクリプトブリッジではメールアドレスだけで口座開設をすることが出来ます。

ちなみに、専用のWindowsやMac OS用のフリーソフトが用意されており、ソフトウェア上でアカウント登録から仮想通貨の取引や送金などすべての操作を完結することが出来ます。とても便利で使いやすいので、自分のパソコンのセキュリティさえ安心であれば、ソフトウェア版の利用をおすすめします。

仮想通貨 クリプトブリッジ アプリ

まずはサイトにアクセスして、自分のパソコンに合ったソフトをダウンロード、そして「Create Account」からメールアドレスとパスワードを登録して口座を開設しましょう。WEBバージョンをオンラインで使うことも可能です。

分散型取引所CryptoBridge(クリプトブリッジ)

BCOステーキングで草コインの配当を貰う方法

「BCOステーキング」とは、「仮想通貨の定期預金」という表現が非常に分かりやすいかと思います。クリプトブリッジが発行するBCOというコインを一定期間預けることによって、手数料収益の50%を預けているコインの割合によって分配される仕組みです。クリプトブリッジの利用者数や取引量が急激に増えているので、かなり割のいい配当が受けられます。

分配されるのは取引があったコインそのものなので、中途半端に少額の無数の草コインが一定期間ごとに残高(Balance)に増えていきます。本当に色々な種類のコインが貰えるので、ポートフォリオの管理が大変になりますが、これがなかなか面白いので長い目で見て放置プレイで楽しむのが良いでしょう。

BCOステーキングを始めるためには、まずクリプトブリッジに仮想通貨を入金する必要があります。入金するコインは扱っているものなら何でも構いませんが、日本の取引所で仮想通貨を購入して送金するならLTCやMONAがオススメ。

クリプトブリッジ 入金方法

そして、「取引所(Exchange)」で「BridgeCoin(BCO)」を購入します。BCOはビットコインだけでなく、LTCやMONA、ZNY、BCHなどでも購入できます。BCO自体も日々価格が変動しているので、安い今のうちに買っておくのが良いでしょう。

BCOステーキングの購入方法

取引所→右上の通貨一覧から「その他」を選択→マーケットで並び替えてBCO:MONAなど購入したい通貨ペアを選択

BCOを購入したら、「アカウント」から「BridgeCoinステーキング」のタブを選択します。そこで預ける金額を入力し、期間を選択。個人的には配当が100%受け取れる1年間を選んでいます。

すべて入力が完了したら「新しいBCOステーキングを作成する」をクリック。これでOKです。後は配当を楽しみに待ちましょう。この記事の執筆時点では隔週で配当があると記載されています。

BCOステーキングのリスクと注意点

・預けたBCOは期間内に動かすことが一切できない

定期預金とは違い、預けたBCOは完全にロックされます。急な出費でお金が必要になったり、仮想通貨の美味しい情報を入手して資金を動かしたくなってもどうにも出来ません。

ステーキング期間中は絶対に必要にならない資金を使用しましょう。私の場合は、運用している全資産の10%を目安にステーキングしています。高額なBCOを預けた方がより多くの配当を貰えますが、ご利用は慎重に検討してください。

・取引所とBCOの価格変動リスク

クリプトブリッジは分散型取引所なので多少の安心感はありますが、それでも取引所が閉鎖されるリスクがあります。その場合でも預けているコインは出金できるらしいのですが、BCOはクリプトブリッジが発行しているコインですので、その価値がどうなるのか予想がつきません。BCOが暴落や無価値になった場合、当然資産が減ったり失うことになります。

BCOステーキングとは、「一定期間動かせない代わりに配当が貰える」というオプションの付いた一種の草コインだと考えましょう。当然、暴落やデッドコイン(無価値)になるリスクがあります。

・自分のミスで資産を失うリスク

クリプトブリッジは分散型取引所ですので、サポートは受けられません。管理者もユーザーのアカウントやコインにアクセスすることが出来ない仕組みです。ですので、例えばパスワードを紛失してアクセス出来なくなった場合、預けている全資産を失います。

BCOステーキングとは関係ありませんが、自分のPCがハッキングされてクリプトブリッジに置いてあるコインを盗まれるリスクもあります。保証などは一切受けられません。

BCOステーキング総括

あらゆるリスクが存在しますが、BCOステーキングは銀行に預金するよりもかなり効率良く利息を得られるサービスです。配当されたコインを売ってBCOを購入し、ステーキングに加えて福利で増やすなんてことも預ける金額次第では可能でしょう。

あくまで私個人の意見ですが、クリプトブリッジは信用出来るかなり優良な取引所で、今後ユーザーの増加によってBCOステーキングでの配当も増えていくと考えています。

もちろん「今後暴騰する有望な草コインを買う」というのが仮想通貨投資で一番儲ける方法ではありますが、こういった地道にコインを増やすシステムも非常に魅力的です。

数年寝かせるつもりの仮想通貨や資金をお持ちでしたら、リスクを理解した上で自己責任でBCOステーキングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

仮想通貨投資の初心者の方へ

初心者向けですので、念のために仮想通貨取引所もご紹介しておきます。

クリプトブリッジでの取引やBCOステーキングを利用するつもりでしたら、LTCやMONAの買える取引所がおすすめです。ついでに草コインが買える海外の取引所もご紹介します。

■日本の取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

コインチェック

Zaif(ザイフ)

■海外の取引所

CryptoBridge

バイナンス

CoinExchange

この記事が参考になったと思う方へ

かなり頑張ってこの記事を書きましたので、「参考になった!」という方はぜひ投げ銭をお願い申し上げます。頂いたコインはソニートニュース発展のために有効活用させて頂きます。

◎ビットコイン(BTC)

1LD2HyqF1TzhvZYzKZ92UMakcRXZBK8dLS

◎モナコイン(MONA)

MRNSCLu5xTLhuHZgiNgyW8ezZUduv4b5sq

◎BitZeny(ZNY)

Zz5spVkhL4U3z49EWxfcSwB7tkKtRmvdbW

◎ニートコイン(NEET)

NUoHdwLegL5YExsSzNwdNYA2C8Yr1Wedtr

仮想通貨はまだ世間的に、海の物とも山の物ともつかない怪しいものと認識されています。しかし、新しい技術であり、新しいムーブメントであり、新しい文化なのは間違いありません。

一時のバブルは崩壊し、まだまだ法整備や税制、セキュリティなど問題は山積みですが、一度生み出された流れはどんどん大きくなると予想しています。

しっかりとリスクを理解した上で余剰資金を運用するならば、これ程手軽で楽しい投資はありません。新しい未来に期待しつつ、仮想通貨の世界を楽しみましょう。

この記事が、その手助けの一つになりましたら幸いです。

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

誰でもライターになれるWEBメディア「ソニートニュース」の管理人です。関わる人すべてを幸せにするサイトを目指しています。ここ最近、仮想通貨にハマってます。