【Bitcoin】約4割を1000人の「クジラ」が保有

おはようございます! MK166です。

皆さんは仮想通貨の大口保有者、通称「クジラ」の存在をご存知でしょうか? 現在、ビットコインの約4割を1000人のクジラが保有していると言われています。
このクジラたちが投資家の今の不安材料になっています。なぜクジラが不安材料になっているのでしょうか?

インサイダー取引が可能? クジラ同士の情報共有

AQRキャピタル・マネジメントの元マネジングディレクターのアーロン・ブラウン氏は「クジラ同士が協調行動をとり、それを特定の少人数に前もって知らせている可能性がある」と指摘しています。クジラの多くはビットコインが無名であった初期の頃からビットコインに関わっており、お互い知り合いである者が多いからです。

これは一部の投資家だけが有利になる情報を共有し、市場の公平性が損なわれるため、一般の投資家にとっては不安要素となります。

ビットコイン取引の情報共有は違法ではない

現状、ビットコインの情報共有を禁じる法律はありません。そのため、インサイダー取引のようですが法的には全く問題ありません。

他の仮想通貨にもクジラはいるのか?

ビットコイン以外の仮想通貨にもクジラは存在しいるようです。Monacoinの場合、暗号通貨長者番付によるとやはり全体の数十%を上位保有者が保有しているようです。ほかにも未確定情報ですが、Bitzenyは全体の8割を6人が保有しているという情報もあります。

仮想通貨はその性質上、大口保有者が多くなりやすい通貨です。

個人的な感想

本日はビットコインの大口保有者「クジラ」について紹介しました。仮想通貨はその性質上、誰でも大口保有者になる可能性があります。市場への信頼などの問題はありますが、億万長者になれるかもしれない仮想通貨は夢がありますね。

ソース:The Bitcoin Whales:1,000 People Who Own 40 Percent of  the Market

The following two tabs change content below.
MK166

MK166

MK166です。大した技能がないので、更新頻度で勝負したいと思います! BitZenyアドレス:ZetrrTmNHQxY9jXpEb5EidnU6CtFByqFfZ Monacoinアドレス:M9TCfLZfs4dw2cPHEzp3ykLdTMMmTyMV2z



    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で