BitZeny プレゼント 投げ銭 ZNY

仮想通貨経済論 1 法定通貨をJPYから仮想通貨に変更した場合

どうも黒狐です。今回は私のあくまで個人的考えを記事として投稿させていただきます。今回は

仮想通貨経済論

ということで話を進めていきたいと思います!


1 法定通貨をJPYから仮想通貨に変更した場合

仮想通貨の仕組み考え方は非常に社会にとって役に立ちます。それは国家の場合でも同じです。例えば、現在日本では日本銀行という中央銀行が発行した日本銀行券ならびに造幣局発行の硬貨の2つが日本の法定通貨を担っています。日本銀行は通貨発行量を決める権限を持っています。しかし、実際どれだけお金が使われていてどこで誰が持っているのかということは調べようにも難しいと思います。そこで仮想通貨の法定通貨になった場合、ブロックチェーン上にトランザクションが残るため、誰がいくら所有しているか通貨の流通量をはかることができます。また、もし海外にこの法定仮想通貨が流通したとしましょう。すると、世界規模でも法定仮想通貨の流れを把握することができ、自国の通貨がどれくらい使われているかを調べることができます。ここまで聞くと、所有量を知られたくないし、いいところなんてないじゃんって思いますよね… でももし世界中で法定仮想通貨が流通するようになれば自国の通貨を世界中どこでも使うということが可能になるかもしれません。例えば政府が各国にいつでも自国の通貨と交換できるようにしたとしましょう。すると海外で法定仮想通貨を受け取っても日本政府の信用がある限り、いつでも自国通貨と交換できるならということで法定仮想通貨で支払いが可能になるかもしれません。だって今の時代、携帯スマートフォンが普及し、仮想通貨のウォレットも携帯で簡単に持つことができるようになりました。故に、店舗等での導入も非常に簡単にできると思います。支払いは日本円(法定仮想通貨)でっていうことが夢じゃなくなるかもしれませんよ!

次回からシリーズでやっていきたいと考えています。稚拙な文章をできるだけ読みやすくできるよう頑張りますので応援よろしくお願いします…

よろしければBitZenyで寄付をお願いします!!

ZcKjX7VwtAQpwYPyykwjnn3qeEAPvrvdqZ

Twitter : @saihate_fox

The following two tabs change content below.



    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
    ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin