コインチェックの特徴と取り扱い仮想通貨・アルトコインの詳細まとめ

コインチェック アルトコイン 詳細 オススメ

最近とにかくハマっている仮想通貨投資。今日は日本の取引所の中でも特にアルトコインの取り扱いの多い「コインチェック」という取引所と、購入できるアルトコインの特徴について解説したいと思います。日本の取引所でアルトコインを買いたい場合には、この記事がお役に立つと思います。

アルトコインとは?=ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます。「第二のビットコイン」を目指していたり、それぞれ特徴的な機能や用途に向けて開発されている仮想通貨です。

コインチェックの特徴

まず、コインチェックは何と言ってもスマホアプリでの取引が便利です。世界的に見ても仮想通貨取引で一番良く出来たアプリなんじゃないかと思います。資産の現在の総額と通貨ごとの比率がひと目で分かりますし、現在のコインの価格を参照するチャートも非常に見やすく作られています。

「手数料が高い」「会社の規模が小さく信頼性が低い」というデメリットもありますが、日本ではコインチェックでしか扱っていないアルトコインも多く、BTC(ビットコイン)建てでアルトコインを売り買い出来るのも特徴です。

ビットコインやモナコインを買って持っておくだけなら、会社の規模としてビットフライヤーが安心ですが、本格的にアルトコインへの投資を始めるなら日本の取引所ではコインチェックが一番オススメです。まずはアカウント登録をして、口座を開設し、アプリをダウンロードしてみましょう。

コインチェック

コインチェックで買える仮想通貨の特徴

仮想通貨には、それぞれ特徴的な機能や目指す用途などの個性があります。投資は将来性を見込んで行うものですので、自分なりに考えたり情報収集をして、「将来価値が上がりそうなコイン」を購入しましょう。以下では、将来性の予測も含めてコインチェックで購入できる仮想通貨について解説しますが、投資は自己責任でお願い致します。

それと、各仮想通貨について詳細に説明をしていたらページに収まりきらないため、大まかな概要だけを書こうと思います。詳しくは各自で調べてみてください。私の認識違いもあるかと思いますので、あくまで参考まで。

Bitcoin(BTC)

言わずと知れた仮想通貨の代名詞。「非中央集権型」と呼ばれる、「胴元が存在しない通貨」です。買い物や飲食で使える店が徐々に増えており、実用できる幅が広がっています。20%くらいは価格が簡単に上がったり下がったりしますが、長い目で見て安定した成長が期待できます。海外の取引所では、ビットコインを基軸通貨としてアルトコインを売買することが多く、そういった用途や需要もあります。

ただ最古参の仮想通貨ということで、システム的に古い部分もあり、コミュニティの方針によって分裂するなど不安定な要素も多いです。初心者はまずビットコインを購入し、価格の変動に慣れることをオススメ致します。

Ethereum(ETH)

ビットコインの次に時価総額が大きい「第二のビットコイン」と呼ばれる仮想通貨です。ビットコインと同様に「非中央集権型」で、管理者はいません。スマートコントラクトと言う、取引の記録だけでなく契約情報などをブロックチェーンに記録できることがビットコインとの大きな違いです。

「通貨」というだけでなく、分散型アプリケーションを動かすオープンソースプラットフォームといった側面もあります。ハードフォークによる分裂への期待や脆弱性など、不安要素がありつつも、将来性を嘱望されている仮想通貨です。

Ethereum Classic(ETC)

イーサリアムを利用したプロジェクトの脆弱性を突かれた攻撃への対策として、分裂した元となった仮想通貨です。本来ならばこちらが本家ですが、新しいものをイーサリアム、切り離されたものがイーサリアムクラシックとなっています。ETCを支持するコミュニティも存在しますが、私個人としては将来性を感じていません。

Lisk(LSK)

イーサリアムと同じく、スマートコントラクト(契約情報)に対応していて、その言語がポピュラーなJavascriptなのが大きな特徴です。つまり開発者にとって利用しやすいシステムになっているということ。LSKのもう一つの特徴がサイドチェーンと呼ばれる技術です。

私の知る限り実用面ではまだ需要はありませんが、機能性という面で将来性を見込んで投機の対象になっているという印象です。

Factom(FCT)

ビットコインのブロックチェーン問題を解決するために生まれた仮想通貨で、アメリカで人気があるようです。データ管理に最適な機能が備わっており、米国住宅ローン市場のデータ管理に採用されています。価格は千円台から3千円台を上下しており、長い目で見た投資対象としては少し不安定さを感じます。

Monero(XMR)

匿名系仮想通貨と呼ばれるアルトコインの一つ。プライバシーの保護という観点で注目されています。もう一つ特徴的なのが、マイナー(仮想通貨をマイニングする人)に人気があるという点。GUIアプリケーションで簡単にマイニングが出来る「MinerGate」でもXMRが推奨されています。

マイナーに人気ということは、直接的に仮想通貨に関わっている人に好意的に取られているということ。ファンが多いアルトコインは値下がりしづらいので、今後に期待が持てます。

Augur(REP)

イーサリアム派生系の仮想通貨。未来予測市場のための分散型プロトコルという、ちょっと変わったコインです。取引情報や契約情報をブロックチェーン上に記録するスマートコントラクトが搭載されている点は、上述したイーサリアムなどと同じ。

未来予測市場というのは……をちゃんと説明すると長くなってしまうので割愛します。簡単に言うと、ブロックチェーン上に様々なデータを格納して、ギャンブルや集計が出来るような仕組みです。機能面で実需が生まれれば将来性はありますが、今はまだ何とも言えません。

Ripple(XRP)

銀行間の国際送金への活用を目指して開発・企業による運営がされている仮想通貨。Googleの子会社が出資をしていたり、ビル・ゲイツ財団と提携するなど、政治力に定評のある企業が運営するコインです。ただ、胴元である運営企業が大半の通貨を独占していたり、コインの発行数が非常に膨大なため値動きが長らく鈍化しています。

近々ロックアップという胴元企業の保有コインの調整が入るので、値上がりするのではと噂されています。個人的に、実需が見込めそうなことと、企業努力によって伸びる通貨だと考えています。ただし価格がある程度調整されるため、大きな利益を得ることは難しいでしょう。

Zcash(ZEC)

ビットコインと対をなす悪の仮想通貨で、言わばジェダイに対するシス的存在。というのは冗談ですが、「ゼロ知識証明」というアルゴリズムを採用しており、取引履歴が追えない匿名系仮想通貨の代表格と呼べるコインです。FBIに摘発された闇サイトで通貨として使われていたり、ウィキリークスで寄付に利用されるなど、取引履歴を秘匿したい人々に人気があります。

今後もブラックマーケットや闇サイトなどに採用されることがあれば、その価値を増すと思われます。ただし、当局の規制が入るなどで無価値になる可能性もあり、投資にはギャンブル的な要素が含まれます。

DASH(DASH)

こちらも匿名性の高い仮想通貨。取引スピード(ブロックチェーンによる承認スピード)が速いことが特徴。Moneroと非常に似た機能を持っています。他の匿名系仮想通貨同様、規制の対象になる可能性があります。あくまで投機の対象で、現在のところ実用面での使い道はありません。ジーキャッシュ同様、情報を秘匿したい人たちが活用の場を用意すれば情勢は変わると思われます。

Litecoin(LTC)

「ビットコインは金、ライトコインは銀」と言われる注目度の高い仮想通貨。ビットコインと比較した場合、発行上限が約4倍である点、取引手数料(負担)が安く高速である点、開発者が明確であるという点が大きな違い。機能面ではビットコインの上位互換と呼べるものですが、知名度や市場からの注目度ではまだビットコインには及びません。

今後、仮想通貨取引所で基軸通貨として扱われれば、価格を大きく上げる要素になります。様々な仮想通貨取引所に上場している点も高評価。

NEM(XEM)

新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨プロジェクト。マイニング(採掘)というものがなく、ネットワークへ貢献した人に配られました。取引スピードが速いのも特徴。一部のマイナーやマイニンググループに資本が偏らないことを目指して開発されました。

シンガポールに財団を置いており、Zaifを運営するテックビューロ社のCEO朝山氏も理事として参加しています。機能面ではまったく別物ですが、リップルに近いイメージで捉えると分かりやすいでしょう。価格変動が少なく、将来性は不透明です。

Bitcoin Cash(BCH)

ビットコインのコミュニティの分裂により派生したビットコインの兄弟とも呼べる仮想通貨。ほとんどの仮想通貨取引所で扱われています。取引量の拡張やセキュリティの向上など、ビットコインに多数のアップグレードが加えられたコインです。中国の取引所で、ビットコインの代わりに基軸通貨として実用され始めたため価格を大きく上げました。

「ビットコインに成り代わる」と言う人も一部おりますが、やはり「ビットコインには勝てないだろう」というのが大半の予測です。あくまで投機的に価格を上げているため、将来性の予測は困難ですが、取引所の基軸通貨としての利用が広まれば、さらに価値を上げる可能性もあります。

コインチェックで買えるアルトコインまとめ

日本の取引所の中では、アルトコインの取り扱いが一番多いコインチェックですが、世界中には700を超える仮想通貨が生まれていると言われ、海外の取引所よりも圧倒的に取り扱い数は少なくなっています。ビットコインやモナコインを購入するだけならビットフライヤー、アルトコインへの投資を練習したい人はコインチェックと、用途によって口座を使い分けましょう。

より深みにハマったら、海外の取引所で無名の草コインを買うのもオススメです。詳しくは、こちらの記事が参考になると思います。

10万円からはじめるビットコイン・仮想通貨投資術とオススメのアルトコイン

コインチェックはスマホアプリが本当に使いやすいので、アカウントを作っておいて損はありません。暴落した時にBTCを買って、BTC建てでアルトコインに投資するなども効果的なテクニックです。仮想通貨やアルトコインについてよく調べ、市場の動向をチェックして、最適な時に最適な投資をしましょう。

コインチェック

上記のアルトコインの説明には、多分に個人的な予測やイメージが含まれます。コインチェックで扱われているアルトコインは比較的メジャーで有望な仮想通貨ですが、中には上場廃止になったり、規制されて無価値になるコインもあります。実際の投資は自己責任でお願い致します。まずは一つ一つ仮想通貨について、自分なりに調べてみましょう。

※2017年11月13日現在の情報です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



    • このエントリーをはてなブックマークに追加