ソニートニュースは流行らない

久々にソニートニュースのメールが来たから一応来たけど、これは流行らないんじゃないかと思うので理由を書いていくことにした。

元々自分がこれに登録したきっかけは2chで叩かれながらも宣伝してるのを見て「あー手広く色々書けて、自分のところに広告貼ったらできるんだ。面白そう」って思ったのがきっかけだったのだが、登録して落ちついてサイトをみたら一瞬で興味が消えて放置してた。じゃあ何が興味を失う原因になったかというと、

書ける内容が多すぎて誰のためのサイトなのかが全然見えない

一番がこれ。まずこれがトップの画像。

…正直何のサイトか全然わからない人がいてもおかしくない。

インターネットの記事とすぐ下にロックの記事、その下は自作ゲームの話で見えないだろうけどその下は成田空港のポスターパネルの話になっている。

初見の人は「へー色々あるんだね。で、自分の求めているものはどこにある?」ってなるだろう。そこでメニューを開いてカテゴリを使おうとするけれども、「漫画」は「マンガを描いている人」と「マンガの情報を流す人」が重なってしまっているし、「ゲーム」は「話題のゲームの情報を流す人」がいる一方で「ゲームを紹介してる人」「ゲームの攻略情報を流す人」もいるのでカテゴリが機能していない。

情報が氾濫して、なおかつ自分の欲しい情報だけを見ることも難しい。そんな状況だとサイトに安定してアクセスする人は書き手しかいないので、結局は検索頼り、またはその著者の文目当ての人しか来ないだろう。次の画像はSimilarWeb というサービスから抜粋したものだが、ここのサイトのアクセスを軽く見てみた。

「直帰率」を見てほしい。この「直帰率」というのは「ユーザーがそのページ以外を見ずにサイトを立ち去った割合」だ。直帰率は40パーセントが普通だと言われている。しかしソニートニュースは書き手側が多いサービスであるため、直帰率は高めであるはずなのだ。しかし直帰率は40パーセントと平均に落ち着いてしまっている。そのため一般的な目安よりも多く皆帰ってしまっているということになる。

下の画像はどのキーワードでサイトを訪れたかを示すものだ

自分が一番まずいと思った原因はこれだ。あんなにも色々なタグがあり様々なページがひしめいているこのサイトの検索ワードの約半数が炎上したxxハンター関連である。サイト名で来てくれる人はたった10パーセントである。つまり二つの画像をまとめると

「xxハンターで来たがその記事を読んで離脱、またはもう一ページ見たが(訪問別ページビューは2程度である)その後このサイトにはあまりこない」ということになる。

自分は管理人でないためこれ以上詳しいデータは読めないが、このxxハンターの炎上が完全に鎮火したらどんどんアクセスが落ちていくのではないだろうか。

ニートが集まって何かするという例はもう「ニート株式会社」がやっているため、めずらしくもなんともない。Abemaに出てもグラビアが決まってもこのままではちょっと話題になるだけで固定ファンがつかないため意味がない。ソニートニュースとしてではなく、ただただ流行を追いかけるだけの炎上追尾サイトになりたいならこのままでも構わないかもしれないが。

一応自分では方向をどう転換していくかの対策はいくつか考えているがわざわざ書いたところで自分にメリットがないので書く気はない。ただ折角登録したので一応「割と危機的状況だよ」ということだけ書いておく。

The following two tabs change content below.

cook_sock_game

最新記事 by cook_sock_game (全て見る)




    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    1. cook_sock_game より:

      (管理人さんへ)
      なにか言いたいことがあったらメールにどうぞ

      • 管理人 ソニートニュース管理人 より:

        確かにおっしゃる通りの部分もあると思います。ただ、その結論に至るにはまだ知名度が低すぎて、実際に雑多な情報を扱うWEBメディアが果たしてユーザーにどう受け取られるのか未知数な部分もあると思います。
        このままで良いとは考えていませんし、このままにするつもりもありません。多くの人に知ってもらって世の中に問うということも大事ですし、ランダムで記事を表示するようなページを作ってよりカオスにするのも面白そうです。

        とりあえずやれることをトコトン追求して、試して、方向転換を繰り返して、面白いものを作っていきたいと考えております。
        最低でも2年間くらいは続けるつもりで運営していますので、それまではソニートニュースをより良いものにするべく引き続き努力致します。

        鋼の意志で継続力を持って創意工夫さえ出来れば、どんな予想も覆し、可能性を無限大に高めることが出来ると信じています。

    2. 匿名 より:

      むしろ最初からメールでやれよ…

    3. ちむ より:

      グーグルアナリティクスの権限を管理人に貰えば他のデータも全員見れるのでは?

    4. はらゆる はらゆる より:

      こういう客観的な意見はとてもいいと思う
      普通、興味のないものにわざわざ書いたりしてくれないから

    5. 匿名 より:

      いっそのこと炎上する記事ばっかり書け

    6. 匿名 より:

      この記事は客観的でいい分析。

      一番のキモは、ネイバーまとめをはじめとする「他のキュレーションサービスより参加者に収益いいか?」だと思います。

      それが実現できるなら成功、できなければこのサイトに未来は厳しいものになる

      • 匿名 より:

        誤字訂正

        「他のキュレーションサービスより参加者に収益を払えるか?」

    7. もち より:

      あまり不景気なこと言いたくないけど
      カネとヒトを持ってあの手この手でアクセス占有してる業者サイトがあふれてる中で
      後発の個人サイト(記者の投稿があるにせよ)がアクセスを伸ばすのは尋常なことじゃない
      個人サイとが成り上がれるのは2ちゃんまとめあたりが最後のチャンスだったのかもしれない
      あとはグレー、ブラックな領域かね。そこも競争は激しいけど

      あとスマホから見てないけどレイアウトがんばってる?
      いまどきみんな知ってると思うけど
      スマホからアクセス取れてなかったら未来はないから
      じゃあがんばって

    8. 匿名 より:

      カネがないなら時間とか労力とかで補うしかない。
      折角記事もたまってきてるのに、それをトップから効果的に見せるための手段が講じられてないから初見逃げが起きる。
      いうなればそういった労力が施されてないように見える。

      パッとみの美しさなんて情報サイトにはほとんど必要ない。

      大事なのは効果的に情報をユーザーに提供できる仕組みなんだと思うよ。

      ハッキリいえばそのへんまるでダメだって話ね。