何の根拠となるデータも無いけど少林寺拳法は最高の護身術だと思う

こんにちは、薄毛です。
物騒な事件なんかが多い昨今、もはや自分の身は自分で守るというのが当たり前の世の中ですね。
そこで今日は護身術に最適だと思われる武道をご紹介します。
それは…

そう、少林寺拳法です!

実は薄毛も昔習っておりました。

少林寺拳法ってどんな武道なの?

少林寺拳法(しょうりんじけんぽう)とは、宗道臣日本で創始した武道であり、中国武術そのものではない[1]

wikipediaより

これ意外と知られて無いことなんですが、少林寺拳法って日本発祥の武道なんです。

そしてそんな少林寺拳法ですが、こんな特徴があります。

  • 守主攻従 – 攻撃する時は自分から手を出してはいけない。防御から反撃へ。
  • 不殺活人 – 武の目的は争いをとめ正義を守ることであり、人を殺傷することではない。相手が改心すれば許す。
  • 組手主体 – 実戦に即すため、一人では修行しない。そして少林寺拳法は他人(ひと)ともに自らを高める道である。

要するに自ら攻めに出るわけではなく、あくまで自己防衛が基本であること、実戦を想定していること、単なる暴力にならないこと。



少林寺拳法が護身術に最適な理由

では、なぜ少林寺拳法が護身術に最適なのかを書いていきます。

まず第一に、格闘技のようなルールが無いこと。

少林寺拳法では、金的や目打ち(要するに目潰し)など人間の急所を狙うことを練習します。一般的な格闘技ではルール違反としてNGなことを主に練習するのです。

こう言うと、よく型しかやってないからダンスだと揶揄されることがあります。

そこで第二の理由、組手主体であることです。

組手主体は、その名の通りで、相手と組んで練習することが主体であるということです。単純に一人で型をやるのと違い、相手がいることで狙う位置が正確になりますし、決められた技を決められた通りにしたうえで、寸止めをするように言われて練習はしますが、そうは言っても実際当てにはいきますし、余裕で当たります。

さらに乱取りもありますので、いざ実戦があった際にも十分活用できることを目指して日々練習するのです。

第三に、打撃、投げ、間接とあらゆる種類の技があるということです。

打撃も上記の通り急所を狙いますが、投げや間接についても急所を責めますので、技をかけられると非常に痛いです。合気道なんかでも、あんなんで投げられるわけ無いだろ…と思われる方多いかもしれませんが、あれ投げられずにはいられないんです。そういう風に相手の体制を持っていってるので、正しくいうなら投げられてるというより、そう動かざるを得ないようにきめられている、という感じ。

以上のようなことから、不審者が不用意に掴みかかろうとすれば間接を責められ、立ちはだかれば急所を蹴飛ばされということになります。

いやいや、暴漢のほうが襲われる側より力が強いだろ、と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、心配ナッシングです。少林寺拳法には力の弱い人間が力の強い人間を制圧するための技術もあるんです。


ちょうど動画があったので参考までに。


いかがでしたか?

色々な格闘技、武道があり、もちろんそれぞれに良いところがあります。しかし私はその中でも少林寺拳法が最も護身術に最適だと考えています。

まあなんで唐突にこんな記事を書いたかというと、たまたまAMAZONプライムビデオで「少林寺拳法」という映画を見てあっ…と思ったからなんですけどね。





    • このエントリーをはてなブックマークに追加