開幕迫るSUPER GT 2017年シーズン!乱世GT300。開幕前に注目マシンをチェック!

国内4輪モータースポーツ最高峰。SUPER GTの2017年シーズン開幕まであと一週間と迫りました。

開幕戦は、今年改修工事を終えたばかりの岡山国際サーキット‼

日産・ホンダ・レクサス(トヨタ)の3陣営が、鎬を削るGT500クラス。

国産勢はもちろんポルシェ・フェラーリ・ベントレー…多様なレーシングカーが一堂に集結し競いあうGT300クラス。

今シーズンは大幅な車両規定の変更もあって、各チームの戦闘力が大きく変化しているハズ。

今回から数回にわたって、開幕前のテストのデータや、各チームの状況をねらーの視点から迫っていこうと思います‼

2回目の今日は、GT300クラス注目のマシンを紹介していきましょう~

(上記画像引用元: SUPER GT OFFICIAL WEBSITE )


規格の異なるマシンたちの異種格闘技戦!GT300。

GT300クラスには、FIA GT3マシン・JAF GTマシン・マザーシャーシレーシングカーの3つの車両規格の異なるレーシングカーが鎬を削っています。

昨シーズンはランボルギーニ・ウラカンやBMW M6といった新鋭のFIA GT3マシンが登場して猛威を振るいました。それはもうものすごい戦闘力の高さでサーキットを圧巻したのですが、それらを抑えて昨年チャンピオンに輝いたのは、長年のレースノウハウと、貪欲な研究心で粗削りなマザーシャーシマシンの戦闘力を引き出した。VIVAC 86 MC (土屋エンジニアリング)でした。

GT300クラスをには30チームが参戦し、今年も新規に姿を現すニューマシンがあり、激戦が予想されます。

注目のニューマシンや、動向の気になるあのチームのマシンたちを紹介していきます!!

・マザーシャーシマシンに新しい風。

マザーシャーシレーシングカーは、ざっくり言えば共通のシャーシに共通のエンジン、トランスミッションなどを搭載して、ボディ(見た目)は自由にしてええよってな感じのレーシングカーです。改造というか車両製作の幅が狭い分、コストを抑える事ができて、資金力に余裕のないプライベーターチームでも参戦しやすくなる上に、一定以上の戦闘力を発揮するマシンを容易に製作できるのが利点かもしれません。

右は今シーズンSUPER GT初参戦となる埼玉トヨペットのマークX MC 。このご時世に自社にモータースポーツ室という部署を設ける姿勢には感服しますね。レース自体はワンメイクレースの86/BRZチャレンジやスーパー耐久シリーズに参戦してきましたチームですが、満を持してニューマシンのマークX MCをひっさげて参戦。

まだまだ熟成不足は否めないものの、自動車ディーラー期待の星です‼活躍が楽しみ。

(画像引用元:埼玉トヨペット – MOTORSPORT REPORT )

左は、なんと遠路はるばる日本へやってきた。タイ王国のチームのArto 86 MC。 これまではスポット参戦だけでしたが、今年ついにシリーズ全戦に参戦します。タイ出身のドライバーペアでGT300に挑みます。このチームも楽しみですね。

(画像引用元:SUPER GT OFFICIAL WEBSITE ※写真は昨シーズンのタイラウンドの物)

・町工場の産んだレーシングカーがワークスマシンを喰らう。

昨年優勝の土屋エンジニアリング。旧GT選手権時代から親子二代でJGTC、SGTを盛り上げてきた古参プライベーターチーム。

「最強のプライベーター」を冠し「打倒ワークス」を掲げ今年も出陣。

ついに土屋武士の肩書が大変なことになってきているきがするが、監督でチーフエンジニアでついでにライバーで…今年は第三ドライバーって事で自らステアリングを握る機会は減りそうですね。…てか武士ももういいおっさんになっちゃいました。

テスト中の写真のためまだカーボンむき出しですね。今年の仕上がりもよさそうですね。

(画像引用元:SUPER GT OFFICIAL WEBSITE

・一方JAF-GTマシンのBRZは…?

(画像引用元:SUBARU/STI MOTORSPORT | 公式モータースポーツサイト

スバルのワークスチームのBRZ、5年前の鮮烈なデビューから時は流れかつては敵なしの活躍を見せたこともあるBRZも壁にぶち当たっている感が否めない所。

86はマザーシャーシなので、規格に沿った排気量5000ccの強力なV8エンジンを搭載しているのです。(側だけ86なだけですので…)

BRZは公称で、350馬力らしいですがVIVACの86は400馬力以上とサイトに載っていましたし…パワー面では苦しいのは明確かもしれません。

しかしBRZはJAF-GT規格なので自前のエンジンしか使えず2000ccの4気筒ボクサーエンジン(ターボ付き)で戦わなくてはいけません。昨年の富士の後半低速セクターで必死に抜いたランボルギーニがあっさりストレートで抜き返してくるあの絶望感。FIA GTマシンなどとは100馬力以上のパワー差があるともうわさされています。

(あくまで噂ですが…)

エンジン自体の設計自体が古いこともありエンジン自体は熟成しきって性能の向上がみこめないというのも壁かもしれません。

今シーズンスバルは、リアウィングの形状に工夫を凝らし手ごたえがある模様。ボクサーエンジンはエンジン位置の低くすることができる利点があるので旋回性能は元より優れているのですが、ただでさえ低い搭載位置をさらに下げる工夫をこらし、徹底的にコーナリングに磨きをかけてきています。

さらに、タイヤの耐久力にも課題ありで、実況スレでは「ダンロップは先に逝く」などと言われていたほどです。BRZの旋回性能とタイヤのグリップ力はマッチしているとは思いますが、タイヤが摩耗するにつれてどんどん抜かれていくBRZ…しかしタイヤの進歩は日進月歩です今シーズンはどんなタイヤをチョイスするかが見ものでしょう。

・FIA GT3にもニューマシン。ベントレー現る‼。レクサス RC-FもGT300に登場‼

左は昨年までGT500で戦っていたRC-Fではなくて、RC-FをGT3規格に合わせて作り直されたRC-F GT3。今シーズンはOTGモータースポーツ(LMcorsa)から51号車と60号車の二台体制で挑む。51号車には中山雄一と坪井翔の2人がドライバーで特に坪井はGT初参戦だ。一方60号車は、飯田章・吉本大樹と名の知れたベテランが駆る‼

ニューマシンの戦闘力も楽しみだが、2台の走りの違いにもの注目したい。

(画像引用元:OTG Motor Sports | OTG モータースポーツ

右はEIcars  BENTLEY CONTINENTAL GT3 だ。昨年のBMW M6も大きなマシンだったがこれもまた大柄なマシンだ。独特なデザインでとても目を引くこのマシンを駆るのは、井出 有治と坂口 良平の2人。すでに欧州の方ではブランパンGTシリーズなのでも活躍しているマシンだがGT300にはマッチするか楽しみだ。

(画像引用元:株式会社アイカーズ 愛知県 Volkswagen Audi BMW Bentley Rolls …

・高い戦闘力を生かせなかったGT3マシン達の逆襲はあるか?

昨年は謎の電気系トラブルに泣いたBMW M6勢。これがなかったら優勝してもおかしくない勢いだっただけに本当に残念だった。

ランボルギーニウラカンも、昨年登場しテストなどで圧巻の戦闘力を見せつけたものの、あまりの速さに性能調整が入り戦闘力を失ってしまった…

これらのマシンが息を吹き返した時。今の勢力図は大きく変動しそうなGT300クラス。これは目が離せない!!


開幕迫る!!SUPER GT

ついに明日、予選が行われます。テストでの熟成が試されるこの予選。

どのマシンが闘いの口火を切るのか楽しみです!!

もちろん現地に行ける方は精一杯のエールをおねがいします!!




    • このエントリーをはてなブックマークに追加