200円で始める政治学・その1【BOOK OFF最強伝説】

どうも初めまして&おはこんばんちはなら。田中佐藤です。

WEB上で記事を書くという経験は今回が初めてです。駄文をお許しください。


前置きはここまでにしておいて。

二十歳になってからしばらくの年月が過ぎ去り、飲酒も喫煙もすっかり合法となり、「自分はもう子供ではなく成人なんだ」という自覚がしっかりと芽生え始めた頃。

今まで自分にとっては『縁のない遠い世界』だとずっと思っていた政治に対して、ふとした拍子に薄ぼんやりとした関心を持たれた経験を持つ方も多くいるのではないでしょうか。

例えばこんな風に、政治に対して関心を持たれた経験を持つ方が多くいるのではないでしょうか。

「毎度毎度、税金をたくさん払っているけれど、私が払った税金ってどういう風に使われているんだろう」

しゃかいほしょーってなんだろ」

「というか、年金って俺らが年老いた時に本当にもらえるの? 年金制度って破綻しそうじゃね?」

等々。

だけど、そんな風に政治に対して関心を持ったはいいものの、政治に対する知識を得ようと思うと、意外にハードルが高いという現状があります。

ネットに書かれている政治に関する記事も、わかりやすく書かれているものも多いです。しかしながら、わかりやすい記事ほど何か裏があるような気がして、どうにも信用にならないような気もします。

そうなると、ネットに書かれているようなどこの人間がどういう意図を持って書いたかがわからないような記事ではなく、きちんとした知識の裏付けにもとづいた政治に関する情報にアクセスしたいと思うことと思います。

そしてできれば、大学の研究者のような信用に値する方が執筆された情報の方が良いという方もいると思います。

きちんとした知識の裏付けにもとづいており、信用に値する方が執筆された政治の情報にアクセスするためにはどうすればいいのでしょうか。

きちんとした知識の裏付けにもとづいており、信用に値する方が執筆された政治の情報にアクセスする方法としては、専門書新書読むという方法が挙げられます。

しかしながら、読書という行為自体も、本の購入費用も含めて意外とハードルが高いことも事実です。

「政治に関することも、少しでいいからそろそろちゃんと勉強しておきたいしなぁ」

「だけど政治にまつわる新書を買っても、本の中身が薄そうだし……」

「かといって難しすぎる本は読めないし」

「だったら新書と専門書の中間くらいの本がいいのかもなぁ」

「だけどそういう本って、お高いんでしょう? 1冊1500円以上はするのでは?」

……そんなあなたに朗報!この記事では、政治を学びたいけど難しい本はちょっと苦手かも……と思う方で、本の購入費を少しでも安く済ませたい方を対象に、政治に関する良書を安く手に入れる方法をレクチャーします!

……という風に書くと、実に胡散臭いですね。

「……でも、そんな上手い話ってあるのかなぁ」

「上手い話には裏があるよ。だから信用しない」

等々、上手い話には裏があるのでは、と色々勘ぐってしまうのが人の性というものです。

だけど、今日だけは、僕はこの場で声を大にして言いたいと思います。

今回レクチャーする上手い話には、裏はないよ!と。

それに加えて、今回レクチャーする話には、裏もなければ、方法論としてもとっても簡単です。

どんな方法かというと、BOOK OFFに行ってきて、格安の専門書購入するという方法です。

……ね? 簡単でしょう?

……はい、とっても簡単だと思います。

以下は僕が先日BOOK OFFにて200円で購入した政治学に関する専門書です。

本書は政治学に関する専門書なのですが、本書に関する内容については……また、次回以降、読める範囲の内容をWEB記事に書いておこうと思います。

なので、今回の記事は内容としてはここまでです。


次回、『200円で始める政治学・その2【BOOK OFF最強伝説】』は、政治ではなくて政治学の話を書くことになると思います。また、次回以降はBOOK OFFにて専門書を探す方法についても触れられたらいいかなと思っています。

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
田中佐藤

田中佐藤

インターネットお絵描きマン。VIP発のWEB漫画投稿サイト「新都社」で漫画や小説をかいています!最近のマイブームは「民俗学」!エレキギターも好きです。記事へのコメント待ってます!気楽な気持ちでコメントどうぞ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加