1000%面白い!娯楽のための書籍紹介 その2(エッセイ編)

「ははん。わりとデリケートね。」

「分からないかなあ。デリカシーの問題じゃないよ。そうじゃない。僕、そんなものが愛だと思うよ」

『ムツゴロウシリーズ』

著者 畑正憲

そうなんです、実は作家だったんですこの人。ご存じムツゴロウさんです。
福岡県福岡市生まれ。医師であった父親に従い、幼年時代を満蒙開拓団の村で育つ。
帰国後、大分県立日田高等学校から東京大学理科II類に現役で合格。
理学部動物学科を選択し、動物学を専攻。学部卒業後に大学院理学系研究科修士課程に進学。
退学(この時期のエピソードが、ムツゴロウの放浪記に書かれていますがなかなかショッキングですよ…)
その後学習研究社(現・学研ホールディングス)の映像部門に就職し、映画やCMの作成に携わる。
退職後北海道釧路管内浜中町にある無人島に移住。
一年後対岸の浜中町に移り1972年に「ムツゴロウ動物王国」を開園。
・・・

まあ略歴なんぞはどうでもよろしい。
この人をただの動物好きのおっさんだと思っている方、
違います、
たぶん真正のなにかです。

ムツゴロウ伝説

・略歴にも書いていますが、東京大学理科II類に現役で合格(当時の理科II類は現在の理科III類の内容を含んでいた)
・瞬間記憶能力(カメラアイ)を所持。
・ドイツ語と数学を同時に勉強するために、ドイツ語の数学教科書を購入して勉強。
・囲碁アマ五段。
・日本プロ麻雀連盟の相談役。連盟に於ける段位は九段。
ライオン、トラ、クマ、巨大アナコンダに襲われて生還。
・野生のワニと泳ぐ
・牛のおしっこを直飲み
・くじらのおなかの中を探検したくて水揚げされたものを買おうとする。
・アナコンダに丸呑みされたくて自分が入るためのカプセルを作ろうとする。
・風呂に入りたいがコップ一杯しかお湯がないので、自分の息子だけ突っ込んで入浴。
・オタマジャクシがカエルになる所を見たくて2週間不眠不休で見続ける
・などなどなど、まあ半端ない数の伝説があり、ムツゴロウさんの伝説エピソードを集めて書籍アプリが出来るという伝説まであります

ムツゴロウと麻雀

麻雀です
知らない方は意外と思うかもしれませんが、実は相当な腕も持ち主です。
伝説にも書いた通り、麻雀連盟の九段位。現在の最高段位であり。
タイトル戦「十段位戦」は、ムツゴロウさんが強すぎるため九段でなく十段の実力の持ち主、と称されたことから始まった大会だと言われています。
ちなみにムツゴロウさんの「十段位戦」での戦績は、第一回~第五回戦までで優勝3回、三位1回、四位1回。
どこかの将棋星人を思い出します。
著書の中でも、麻雀に関することがよく書かれていて。
それだけを集めた「ムツゴロウ麻雀記」「ムツゴロウ麻雀物語」などがあり。
「畑正憲の精密麻雀」という指南本まで出版しています。
私が読んだことがあるのは「ムツゴロウ麻雀記」だけですが、漫画「哲也~雀聖と呼ばれた男~」のモデル阿佐田哲也さん、「ドラえもん」の藤子不二雄さん、「演歌歌手」の五木ひろしさん、などと卓を囲む姿が書かれています。
面白いのが、この本の中で”ぼーや”と言われる旅打ちで暮らしている青年が出てくる所です。
興味がある方は是非読んで見てください

おすすめのムツゴロウシリーズ

「ムツゴロウの青春記」
学生時代のムツゴロウさん、奥さんとのアレコレ、大学時代の極貧生活。ムツゴロウさんの芯の部分を知ることができる…気がします。
「ムツゴロウ少年記」
自分の夢を他人や子供に任せたりせず、自分のために頑張る人の話。
ムツゴロウさんのお父さんの話。
「ムツゴロウの無人島記 正続」
都会とおさらばして、家族と無人島で暮らす話。
「ムツゴロウの動物王国 正続」
トップに書いてある会話は「続ムツゴロウの動物王国」での、研究で死んだウサギを食べる時の話

頭が良すぎてどこかおかしな所に飛んで行っちゃった人の典型的な例。
頭の良さが半端ない分、ぶっ飛び方も物凄い。
この人は本物のキ〇ガイです、キチ〇イの書くものが面白くないわけがない。
読んで見てください。
1000%面白いから。

あとがき

これを書くためにムツゴロウさんについて色々と調べました。
残念なことに、伝説の数と同じくらい黒いうわさが蔓延しています。
動物虐待、映画で子犬を使い捨てる、大麻常習者などなど、まあよく考えたものです。
週刊誌や、2ちゃんねるに書いていることをそのまま信じちゃう人は、ちょっと自分で考えたり、調べたりしたほうがいいと思います。
本の中には、犬や馬を長い棒でぶっ叩く場面も有りますし、学生時代の動物実験の話もあります。
それらのことについて私のヘタくそな文章ではうまく説明できません、まずは本を読んで見てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 落ち葉 落ち葉 より:

    逸話は何個か聞いたことあったけどおもしろそう

    • たろさん たろさん より:

      ホントに面白いですよ、ただやっぱり古い本なので書き方や表現が古臭いかも?
      ブックオフなどで100円で売ってますし機会があれば是非お勧めします

  2. 匿名 より:

    子猫物語の噂は正直信じてました><やべっ!

    • たろさん たろさん より:

      85 :可愛い奥様 :04/04/16 19:46 ID:d3ozVttR
      >>84 事実だよ。
      知人が番組に関わってたが、動物虐待に関して
      抗議や異論を唱えた番組関係者は全員降ろされたって
      言ってたよ。マジです。

      私の調べる限り、こうゆう書き込みが独り歩きしていると感じました
      もちろん本当かもしれませんが…
      いちおうその反論記事も載せておきます
      ttp://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2013/01/03_01/gazou.html

      絶対に読んで損はない作品なので是非読んで見てください(・ω・)ノ