カテゴリー

仮想通貨:経済という視点で考察する将来的な価値とリスクについて

仮想通貨の加熱ブームもひと段落して、すっかり落ち着いた感じになってきた。

これからの仮想通貨の価値は、その仕組み、その取り扱いの重要度に置かれると思う。

そこで今、レガシーな仕組みの仮想通貨が今後どのようになるのかを予想してみたいと思った。

通貨・貨幣とは

そもそも、通貨、貨幣というものは宗教のようなもので、1000円札はみんなが1000円と思うことで1000円の価値を万人に発揮する、というもの。

信じる力が価値になる。

お金は、天下を回らない論


矢印をお金の流れに見立てると、上記のような形になる。

一見、お金は天下の回り物を体言しているような図である。

しかし、実はこれが回っていない。

銀行(金融)は全力投資はしない

企業や消費者は、使用しない残りの部分は金融機関に預けるなり資産運用として投資を行う。

しかし、銀行は受け取りの全てを投資に回したりはしない。(回せない)

これにより、どういう事が発生するか。

何もしなければ、経済にお金が回るたび総流通量が減っていく、という事態が発生する。

この事態を避けるため、各国の中央銀行は、各指標を見定めながら、貨幣流通量を増やしたり増やしにくくする政策を採る。

これが中央銀行の役割であり、今日本は「量的緩和を行っている」という状態は、まさに貨幣流通量を引き上げやすくする策でもある。(実効の精度に様々な議論はあるわけだけど)

仮想通貨の場合

典型的な、レガシーな仮想通貨を想定しよう。

  • 仕様により、中央銀行が存在しない
  • 貨幣の総発行額が定められている

ここに、次のような想定の仮想通貨「B」を例にして考えてみたい。

想定:様々な仕様用途があり、通常の貨幣と同じレベルでサービスが普及している

発行上限数に至った仮想通貨「B」の未来

考えられる仮想通貨の市場の総流通量のマイナス部分は下記の通り。

  • ウォレットを使用できなくなった
  • サービスの取引以下の端数で、送金ができなくなった
  • 蓄財した。(ウォレットサービスは金融機関のような振る舞いをしないので貯蓄性向が高まれば、市場の総流通量が極端に減る)

発行上限数に至るとどうなるのか。

  1. 一度、その希少性により、仮想通貨「B」の価格は上がる
  2. しかし市場に出回る流通量はどんどん減少していくので、仮想通貨「B」を利用するサービスの全体量も低下していくことになる。
  3. やがて、サービスする業者が減るとともに、仮想通貨「B」の価値もそれとともに減少していく

最終的には、今をときめく後発の仮想通貨に、仮想通貨「B」の経済圏は取って代わることになるだろうと、思う。

つまり、発行に上限数があり、それが変更されない場合において、仮想通貨というのは「価値の寿命」が決定付けられてしまうという重大な欠陥があることになる。

新しい仮想通貨はどうあるべきか

そしてその後発通貨は「総流通量に応じた、適切な調整機能が入った仮想通貨」だと思う。

概ね予想される機能としては、下記の通り。

  • 一度、発行上限を決める。
  • その発行上限に達した年の総流通量を定めて、その都度、再マイニングの量の上限が追加される。(おそらく、発行上限数の1%~3%になると予想する)

よく仮想通貨のブームに乗じて「中央銀行はいらない」という話があるが、長期的な視野で考えれば最終的に価値を残すのは「いわゆる中央銀行の調整機能が仕様として組み込まれているか、運用元が中央銀行的な役割を果たす仮想通貨」になるとは思う。

勝つのはイーサリアム(ETH)?

イーサリアム(ETH)は時価総額も大きく、上限発行数は定められていないから、もしかしたら、最終的にはイーサリアムが勝つかもね。

追記:

この記事は以前の自分のブログの記事に補筆、追加したものになります。

仮想通貨の将来性、価値の弱点について考えてみた
※該当の記事では「貨幣の蓄財性により流通量が減る」としています。

The following two tabs change content below.
だいじん@daij1n
長い間ブラック企業に勤めており、最後の力を振り絞ってブログを書いておりました。ゲームや経済・社会が得意分野です。自分のブログ:https://www.daij1n.info/



    • このエントリーをはてなブックマークに追加