【2018年1月3日】新異種格闘技 巌流島!【第九回大会 見所 壱】+(VOICEROID 東北ずん子)

読むのがめんどくさい!
という人のためにに東北ずん子が代わりに読んでくれます!


1月3日におこなわれる
巌流島 OUT ENEMY 2018 in MAIHAMA ―謹賀新年、宿敵同士の果たし合い―
の見所を書いていきたいと思います。

諸事情により4試合目から書いていきます。


4試合目 鈴川真一(大相撲)vs斐也(キックボクシング)
引用 巌流島

両者100キロ近くの体重があり、重量級対決です。

見所はなんと言っても転落!

果たして大相撲出身の鈴川選手によるド派手な押出し、転落を見ることができるのか?

それとも斐也選手が、それを躱してKOするのか?

転落をめぐる攻防が期待できます。

個人的に力士とプロレスラーがいると異種格闘技戦感が増すと思うのですが、両方を兼ね備えている鈴川選手は巌流島向きだと思いますね。



5試合目 エブゲニー・シャロマエフ(空道)vsカルロス・トヨタ(柔術)
引用 巌流島

見所は体重差にこだわらないシャロマエフ選手。

空道の世界王者として第4回の巌流島にシャロマエフ選手は参戦しています。

その時の相手が大相撲出身の星風選手で体重が110キロ、シャロマエフ選手は90キロと20キロの体重差がありました。

星風選手は第1回大会で準優勝するなど、巌流島での実績もありましたが、その体重差をものともせず、シャロマエフ選手がパウンドによるKO勝利をあげています。

そして今回、相手のトヨタ選手の体重は117キロで体重差は27キロ!

さらにルールも通常は寝技での関節技はなしなのですが、特別ルールでありとなっており、柔術選手のトヨタ選手に有利になっています。

シャロマエフ選手の真意はわかりませんが、度量がすごいと思いますね。

スポーツとしての格闘技は体重を合わせるのがあたりまえになっていますが、実戦となれば体重差なんて関係ありません。

シャロマエフ選手は、そういう巌流島の理念を体現している選手だと思います。

もっとレギュラー参戦してもらいたいですね。


6試合目 関根“シュレック”秀樹(柔術)vs ジミー・アンブリッツ(MMA)
引用 巌流島

見所は日米筋肉対決!

シュレック選手は43歳にして警察をやめ、格闘技に覚悟の専念をすることにしました。

シュレック選手は115キロ、アンブリッツ選手は139キロと両者ともに筋肉隆々の超重量級ファイターです。

両者ともに巌流島に複数参戦しており、前々回の大会ではプロテインをきっかけに友情を深めるといったエピソードもありました。

この2人が闘うのは、まさに宿命と言っても過言ではありません!

7試合目以降は次回に続きます。



2018年1月3日
巌流島 OUT ENEMY 2018 in MAIHAMA
会場 舞浜アンフィシアター
テレビ放送 CS放送フジテレビONE
ネット放送 フジテレビONEsmart
当日生中継!




    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
    ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin