佐藤写楽がソニートニュースで書く理由

ふと、こういうことを書こうと思ったら、えふさんの記事と丸かぶりなことに気が付きました。でもまあ、書いちゃおっと。えふさんゴメンなさい。

ワタクシ、佐藤写楽がソニートニュースで記事を書くのは、ぶっちゃけ「売名」と「広告収入」が目的です。書いてみたら純粋に楽しいってのも感じてるんですけど、まあ世の中カネですぜ。

「このサイトはいずれ成功する」と、セブンセンシズがビビビと反応しています。燃え上がれ俺の小宇宙(コスモ)!

参加もしていないような有象無象が外野からやんややんやと騒いでいるようですが、イソップの「すっぱいぶどう」ですよ。「俺は安全地帯から傍観者キメるぜ。批判する俺カッケー」みたいなアホです。ネットのアホの言葉なんて真に受けちゃあいけません。

広告に過敏反応するヤカラもサル以下です。ネット社会は広告費で成り立っているのに、それを否定するならネット使うなって話です。

さて、このサイトで記事を書くメリットは色々あります。その辺を分析してみましょう。

一人でブログをやってみたけど失敗した

以前、電子書籍を出版した時に佐藤写楽の公式サイトと一緒にブログも立ち上げたんですが、書くことないしやる気にならないしで、結局中途半端な感じでやめてしまいました。

更新されていないブログってネットデブリですもんね。貴重な世界のリソースを無駄に出来ません。

その点ソニートニュースは、他の方がそれぞれ記事を更新しているので、サイトとしては常に動きがあります。その「生きてるサイト」に自分の都合で好きに記事をアップ出来るのは、かなりの利点です。

ソニートニュースが成功すると思う理由

大勢で一つのサイトに記事を書くということは、膨大な記事数になるということ。一人じゃこうはいきません。今だって他にも記事を書いている人がいるかも。それってスゴイ。

一人で毎日ブログを書くって相当キツイと思うんですが、ここなら一日にいくつもの記事が勝手に更新されます。

記事の見出しだけ集めたアンテナサイトとは違い、内部に独自コンテンツを持った優良なサイトとして成長しますし、一人でブログを書くよりもずっと速いペースでコンテンツは増えていきます。

相乗効果でサイトが大きくなればなるほど、自分の書いた記事が読まれるチャンスは増えます。つまり、一人でブログをやるよりよっぽど稼げます。

稼げるサイトなら自分も記事を書きたいという人が増えるでしょう。するとさらにコンテンツが増えます。

一つの記事から他の記事への導線もしっかり作られているようなので、コンテンツが増えれば増えるほど全体的なアクセスは雪だるま式に増えると思います。

なんか楽

これって結構大事なポイント。楽です。煩わしいことを考えずに、ただ好きな記事を気が向いた時に書けばいいだけ。

金額としていくらになるかなんて今は分かりませんが、こんな気楽にブログを書いて収入になるんだったら御の字です。

書いたら必ずトップページに表示される

ブログ運営者がいて、その中で記事を書くというのはAmebaブログやlivedoorブログでも同じです。

しかし、そういったブログサービスで記事を書いてもトップページには表示されません。市川海老蔵の記事の隣に並ぶことなんてないんです。

でもソニートニュースなら、書いた記事はキッチリとトップページに表示されますし、お隣が人気の人だろうとお構いなし。これがいい。お隣さんのおこぼれでもアクセスが稼げたら、それが収入に変わるんです。それって素敵やん。

ブログを書くってことは多かれ少なかれ自己顕示欲があって、読んで欲しいしリアクションが欲しい。ついでにお金を稼げたら丸儲け。それが簡単に叶うサイトって他に知りません。

サイトの成長が自分にとって利益になる

一人でサイトを作って育てるとか僕には無理です。でも見知らぬ大勢の仲間がいて、このサイトが成長することが直接自分にとっての利益になる。ギブアンドテイクがシンプルで分かりやすい。

逆に言えばここは個人サイトでしょうから、管理人が精神崩壊したらサイトも消え去ってしまうでしょう。そういう危うさもあったりします。

早く稼いで会社でも作って、安定した運営がされるようになれば安心です。

最初に言った通り目的は「売名」や「広告収入」ですが、純粋に記事を書くのも楽しいので、出来る限り長く続いて欲しいと思っています。

頑張れソニートニュース!←お前も頑張れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 落ち葉 落ち葉 より:

    公式サイト作りこまれててワロタ

    • 佐藤写楽 佐藤写楽 より:

      おお! 見てくれたんですね! ありがとうございます!
      良かったら駄文ではありますが、小説の方もどうぞヨロシク。