ほぼ日刊「今日のけんけん」(仮) 第3号

今日の「今日のダーリン」

みなさんこんにちは,けんけんです。

前回,前々回は説明や自己紹介の記事だったので,日記的な文章は今日から書き始めていきます。

ということで今回の記事ですが,今日のほぼ日刊イトイ新聞の「今日のダーリン」の内容が毎日投稿をする為の心構えとしてとても役に立ちそうだと思ったので,備忘録も兼ねて紹介したいと思います。

昨日や一昨日は、どうして書けたんだろうか。
その前の日も、その前の日も、創刊以来19年間と半年、
どうしてなんとかなってきたのだろうか、と天井を見る。
ひとつの答えはある、じぶん自身に、
ろくでもない原稿を送信することを許しているからだ。
出来不出来を言いはじめたら、毎日なんて書けない。
たまにでも休むと、「書けない日は休んでいい」という、
じぶんなりのルールができてしまったりするものだ。
そうなると、ダメな原稿を許す理由がなくなってしまう。
「今日は、いい原稿が書けないので休んだ」と、
イッチョマエなことを言う俺になってしまうからだ。
一日も休まないおかげで、「やぁ、ごめんごめん」と、
言い訳さえもせずに、頭をかいてごまかせる。

満場のナマケモノ諸君よ、聞け。
得意でないことは、毎日やるのが続けられるコツだぞ。
なにせ、「毎日やってるっていうかだけで感心じゃない?」
とか、「継続が力ですよ」とか、「努力家だ!」とかね、
他人が言ってくれるばかりでなく、
じぶん自身でさえも、「ま、毎日やってるんだしね」と、
半分くらいは得意げに、いけしゃーしゃーとしてられる。
「皆勤賞」は、むつかしそうにも思えるけれど、
いちばん怠けられる賞なのかもしれないぞ。

引用元:ほぼ日刊イトイ新聞

内容としては

出来不出来を言いはじめると「書けない日は休んでいい」というルールが出来てしまい,毎日書けなくなってしまう。

という感じですが,これは毎日投稿と文章を書くことを始めたばかりの私からするとなるほどなぁと思います。

もちろん毎日投稿していれば内容が悪くても良いという訳ではないと思いますが,毎日投稿するならばそういう考えも必要なんでしょうね。

そして「ほぼ日刊イトイ新聞」というサイトは,名前に「ほぼ日刊」と付いているにも関わらず創刊日から一日も休まずに毎日更新をつづけているそうです。

私の記事にも「ほぼ日刊」と付いていますが,これから一度も休まずに更新を続けていけたらなと考えています。

あとがき

という事で今回の記事はここまでです。

いきなりあとがきなんかを書き始めたわけは,今回の記事とは少し関係ない事を書きたくなったからです。

一つは「かる〜く書くと言ったのに文章が全体的に硬い」という事です。

これは出来るだけ改善していこうと思います。

今日のけんけんのタイトルロゴを作ったり,「今日のけんけん」以外のコーナーも作るというのも考えています。

あとはTwitterが記事の報告だけでは寂しいので,ちょくちょくつぶやいていきたいと思います。

日付が変わるギリギリに投稿するのも改善したいですね。

という事でこれからも色々と試行錯誤を繰り返しながら記事を書いていくので,温かい目で見守っていただけるとありがたいです。

The following two tabs change content below.
けんけん
「今日のけんけん」という日記のような記事を(ほぼ)毎日投稿しています。