BitZeny プレゼント 投げ銭 ZNY

シミュレーション仮説再考


 人類や宇宙を支配する、巨大なコンピュータはいるのでしょうか?世界の運命は?砂糖の有害性は?

決定論と非決定性
 物事を是非で分別すると、例えば証明論的決定不能性や、指数関数的計算時間量など、パラダイム的課題であり得る物へ至ります。

経験的な自然の抽象性
 例えばなにがしの目測Aが、とある数論Bに依るでしょうか?BがAの具体化ならば、その限りでありません。この場合、AはBよりも抽象的で、Bで等価的相対性があり得ます。
例えば実数論が複素数論に依る説や、
逆もあり得ます。例えばとある理論での2者の時差は、同じであり得ます。

オブジェクト史観の完全性
 Object.instanceは、instanceを踏襲しつつ、短文化や直観化を持ちます。具体性では関数指向に見劣りしません。

例えば「抽象に関しては、是非へ拘らずに済みます。」「宣言 hoge」。

抽象論の可能性
 抽象性次第では、証明や反証さえ抽象化対象であり、具体化でそれらは一要素です。この場合、計算理論の業績(P ⊆ NP ⊆ PSPACE ⊆ EXPTIME)によるなら、何らかの解を現実的にDTMから期待でき、具体が証明や反証の限りでありません。

原始的万能TMであろう、2状態3記号なWolfram’s TMのTuring完全性は、複雑性クラスの俯瞰分野が行く先の広大さを思わせます。

現実解釈の将来性
 複雑性クラスの仲次第で、現実解釈が特定のTMで済むかもしれません。あらゆるTMでも済まないかもしれません、なぜなら万能TMの自分像(DTM, NTM)は、例えば集合論的パラドックス回避の上で、何らかの不可能性を伴うはずだからです

結論
 個人的に受け入れ難い事ですが、歴史も今も悲惨で冷酷なのに、現実はまだまだ分かりません。例えばドーナツ星で一周ロープを回収したり、DTMをその軌道上の一部へまとめるような話では、穴な空間イレギュラーの影響は重大です。

穴無しドーナツ史観ならば、世界征服が夢ではないとしても、
それが穴埋めドーナツでないためには、結局穴無しドーナツが必要です(この事でも)。

現実が悲惨で冷酷の限りでないとしても、それらがあり得る事からして、個人的にチョコチップなんてどれも同じ灰色です。もっと辛いのは、選び方でそう徹しない事です。

The following two tabs change content below.
punipuni

punipuni

哲学的な事を書いて行きたいです。



    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
    ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

    コメント

    1. 匿名 より:

      かなり専門的ながら分かりやすい文章、また画像も使用されていて面白かったです

    2. punipuni より:

      僕は職業学者ではないし、著名物や版権物に疎く、
      出典や引用を欠きますので、ご注意下さい。

    3. chokobo3 chokobo3 より:

      面白いね
      わかりやすい

    4. 落ち葉 落ち葉 より:

      なるほど全然わからん。