BitZeny プレゼント 投げ銭 ZNY

【お金の増やし方】労働からの開放【序文】


初めに

「100年後、人類は歴史上初めて、余暇をどう楽しむか 悩むようになる」
ジョン・メイナード・ケインズ

1930年に「孫の世代の経済的可能性」というエッセイに書かれていた内容で
ケインズは2030年にはそのような社会が実現するかも知れないと100年前に予想したわけですが現状は2030年になっても労働からの開放はされなそうに思います。

なぜ2030年に労働から開放されないと思うのか

将来的に「AI」と「ロボット」技術が発展して人間が働かなくても富を生みだせるようになれば富を配分することができるのですが、そこまでの技術発展は現状起きておらずそれはシンギュラリティ(人工知能が人間の知能を越える)が起こる2045年以降になると思います。

なぜ2045年以降に労働から開放されるようになるのか

1つは前述の人間が働かなくても富を生み出せるようになるから。もう一つは
そもそも仕事自体が無くなるから

なぜ仕事自体が無くなるのか

例えば3メガバンクで将来的に3万2000人分の業務削減が発表されたように
テクノロジーの進歩で業務効率化が起こり少ない人員でも
業務を行うことができるようになります。

なぜ仕事自体が無くなると労働から開放されるのか

将来的には上記のようなことが色々な業界で起こりすべての人に雇用口を確保することが難しくなってなっていくと思われます。そのため将来的には「ベーシックインカム」など働き口がない人に一定の保証をする政策が取られる可能性があります。

参考「AIによる自動化の補償にベーシックインカムを各国は迫られる」とイーロン・マスクが発言_gigazine

伝えたいこと

将来は働かなくてもいい未来が待ってるかもしれない。でも当分は働かなくてもいい未来は実現しそうにない。だったらそれまでにお金を貯めて。早めに労働から開放された人生を歩もうということで元手0円⇒2000万にした方法を記載していこうかなっと思います。





    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
    ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin