今日9月23日は秋分の日 その由来は?

祖先を供養する日

今日9月23日は秋分の日です。昼と夜の長さが同じ日としてよく知られているこの日は、1948年に法律で「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日」として制定されました。

また秋分の日は、祝日法の上で「秋分日」とされています。毎年2月1日に、国立天文台が作成する「暦象年表」という小冊子に基づき閣議で来年の日にちが決定されます。

元々農村部では、春分の頃に豊作を祈り、秋分の頃に豊作を祝う自然信仰がありました。そして山の神様である祖先の霊を春分以前に山から里に迎え、秋分以降に里から山へ送る儀式が行われていたのです。しかし、仏教の浸透とともに秋分は「秋の彼岸」として祖先を供養する意味を持ち始める事になりました。

明治時代に秋分の中日を「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)」と定め、宮中において祖先をまつる日となりました。これがきっかけで、一般市民の間でもそのように定着していきました。
1948年には宗教的慣例としてのまつりの日だけではなく、お寺参りの日・先祖供養の日といった広い意味で「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日」として国民の祝日に制定されました。

The following two tabs change content below.
Suzune

Suzune

のんびりと記事を書く人。珈琲好き。



    • このエントリーをはてなブックマークに追加