今日9月20日はバスの日 その由来は?

蒸気自動車から始まった日本のバス

今日9月20日は「バスの日」です。1987(昭和62)年に全国バス事業者大会にて定められました。

日本のバスの由来は明治時代にさかのぼります。

1903(明治36)年の京都市。堀川中立売(なかたちうり)~七条・祇園間で、二井(にい)商会が乗合自動車の運行を開始しました。これが日本初のバス事業とされ、その運行開始日である9月20日が「バスの日」になりました。

当時のバスは蒸気自動車を改造したもので、ホロなしの6人乗りだったそうです。ただ当時はライバルの乗合馬車屋からの妨害や車両故障が多く、本格的な営業継続は難しかった、という話もあります。

 日本のバスの本格的な発展は、大正時代以降の事でした。

The following two tabs change content below.
Suzune

Suzune

のんびりと記事を書く人。珈琲好き。



    • このエントリーをはてなブックマークに追加