情報商材は買う価値ある?稼ぎたいのにお金払うって詐欺?無料で情報だけ抜き取るには?

情報商材って胡散臭いですよね。

詐欺じゃないの?って疑ってしまう気持ち、わかります。

なんせ、情報なんてどこにでも転がっているんです。

そんなものにお金を払うのなんてモッタイナイ!

そう思いますよね。

有料情報商材の情報に金を払う価値はない!

有料情報商材とは、その名の通りお金を払って情報を提供すること。

だと思っていませんか?

違いますよ!

なぜなら、「情報」そのものは誰でも簡単にコピペできてしまうからです。

売り出した瞬間は、その売り手だけしか知らない情報だったかもしれません。

しかし、今の時代誰でも情報発信ができてしまいます。

マンガや音楽などがネットに流出していて情報商材が流出しないはずがありません。

売り手もそれは承知で、情報そのものだけに価値を置いていることは稀です。

つまり、情報そのものは有料商材であっても無料商材であってもほぼ同等のものなのです。

では、有料情報商材は全て詐欺なのでしょうか。

情報商材の核

情報が誰でも手に入るレベルのものならなぜ有料なのか。

それは、売り手とのコミュニケーションができるからです。

ほとんどの情報商材には、売り手に質問ができたり、Skypeで相談ができたりといった付加サービスが付いています

高額なものになると数ヶ月のコンサルがついてきたりもしますよね。

これが情報商材のメインです。

有料情報商材のメリット

有料情報商材のメリットは、実際に稼いでいる人に手取り足取りコーチしてもらえる点にあります。

情報そのものを受け取ったとしても、それを自分なりに解釈して、稼げるようになるのは非常に難しいです。

ですが、実際稼いでいる人と何度もコミュニケーションをとり、間違った方向に進んだ際には軌道修正してもらえれば稼げる道へ進みやすいのはわかるでしょう。

有料情報商材のデメリット

デメリットは2つあります。

1点目としては、残念なことに、情報商材の販売者には詐欺まがいの人間がいる点です。

自分では稼げていないのに情報商材を売っている人が少なからずいます。

そのような人の下では、コンサルを受けたとしても軌道修正してもらえないため、いつまでたっても稼げません。

ですので、稼げていない人から情報商材を買ってしまうというリスクがあるのが1つめのデメリットです。

2点目は、多くの商材が高額であるという点です。

稼ごうとしているのに、稼ぐ前に出費を強いられるのは厳しいですよね。

しかも、きちんとアフターフォローをする商材ほど高額になりがちです。

なぜ高いのでしょうか。

たとえば一人あたり10時間のSkype相談をつけた場合、1万円で商材を販売してしまうと売り手は時給1000円の仕事をしていることになります。

これでは割にあいませんよね?

ですので、10時間のSkype相談で2万円、3万円という商品が多いのです。

つまり、相談可能な情報商材が高額なのは、強気な価格設定ではなく当然の価格なのです。

とはいえ、値段が適正だとしても無い袖は振れませんよね。

これが、2点目のデメリットです。

有料商材が必要な人

さて、メリット・デメリットを確認したところで、それでも有料情報商材を買うべき人物像を挙げてみましょう。

・一人で努力するのが苦手な人

・すぐに稼げるようになりたい人

・試行錯誤が苦手な人

では1つずつ見てみましょう。

一人で努力するのが苦手な人

情報商材を使って稼ぐのは、会社に勤めるのと違い一人でコツコツと作業する必要があります

ついマンガを読んでしまったり、スマホゲームをしてしまうような人は一人で稼ぐのは向いていません。

有料商材のコンサルや塾などで、同じ方向を向いている人とともに切磋琢磨できる環境に身をおくのがいいでしょう。

すぐに稼げるようになりたい人

基本的には情報は無料で得られるので、一人でも稼げるようになります。

ただし、初心者は間違った方向に進みやすいため、軌道修正する人がいないととんでもない回り道をしてしまうことがあります

初心者は、道を間違えているのか、正しい道だけどまだ稼げていないのかという判別ができません。

本当はもう少し続ければ稼げるのに辞めてしまったり、間違った方法なのにずっと同じことを続けていたりといったことは往々にして起こります。

それでも続けていれば自力で修正して稼げるようになるのですが、指導してくれる人がいない以上、時間がかかります

試行錯誤が苦手な人

情報商材は「ラクして稼ぐ」というキャッチコピーが使われがちですが、この「ラク」という言葉の意味を履き違える人が多いです。

情報商材は最初から誰でも単時間で何も考えずに口座に大金が振り込まれるような魔法ではありません。

最終的に自分で労働する必要がなくなることを「ラク」と表現する場合、その不労所得を構築するまでかなりの労力が必要です。

情報商材に書かれていることをまるっきり真似しても稼げません。

現在の環境でどうすれば儲けられるのか。

試行錯誤しながら価値を上げていくことが苦手な場合、一人で稼ぐのは難しいでしょう。

有料商材を使わずに有料商材級の情報を得る方法

有料商材はネット上でいくらでも手に入ります。

とはいえ、検索してもそれらしいものが見当たらなかったり、情報が点在していて集めるのが大変だったりしますよね。

そんなときに有用なのが、メールマガジン(メルマガ)です。

情報商材の売主の中には、自分の商品を売るためにメルマガを発行している人が多いです。

そのようなメルマガは無料でかなりの情報を公開しています。

メルマガ内では何度も情報商材の紹介をされますが、コンサル等が不要なのであれば購入しなくても大丈夫です。

さらに、メルマガの中には質問を受け付けているものもあります。

特に初心者でまったく稼げていないレベルの人の質問であれば、快く答えてくれるでしょう。

最後に

情報商材の情報そのものは、ネットに溢れている情報です。

有料情報商材を買うメリットは、実際に稼いでいる人に質問をしたり、稼げるようになるまでの軌道修正をしてもらえることです。

高額なコンサルや塾レベルほどではありませんが、無料メルマガでは情報を公開しているうえ、質問に答えてくれることが多く、有料情報商材を買うまでもなくかなり有益な情報が得られます。

もし今稼げていない人で、有料情報商材を購入すべきか迷っている人は、まずは無料のメルマガを試してみるのはいかがでしょうか。




    • このエントリーをはてなブックマークに追加