一枚のイラストが出来上がるまで!【メイキング風・その2】

田中佐藤です。今回は次のようなイラストを描いてみました。

今回はこのイラストが完成するまでについて、少しメイキング風に出来上がる過程を紹介してみたいと思います。

STEP1 線画を描く

線画を描くというのは、イラストにおいて最も大事な工程ではあるのですが、今回も時間の都合により省略させていただきます。

STEP2 髪の色を置く

線画を描いたので、次はとりあえず色を置いてみることにしました。髪の色ではなくて、肌の色を先に塗ってもいいのですが、
肌の色は少々扱いが難しい場合が多いので、今回は扱いが比較的簡単な髪の色を置いてみました。

STEP3 肌の色を置く

肌の色を置いたので、相対的に見た時に見栄えがするような肌の色を選んで、肌に色を置きました。

STEP4 髪や肌に影を入れる

次に髪や肌に影となる色をつけてみました。ここで要注意なのは肌の影の色遣いです。肌の印象は、このSTEP4でつける
影の色によって大きく変わります。なので肌の影の色の決め方には、細心の注意を払いました。

STEP5 頬にチークを入れる

次は頬にチークを入れるSTEPです。絵を描いている中でも、田中佐藤が一番好きな作業でもあります。
(このあたりのことは女性の方が詳しいと思うので恐縮なのですが)頬につけるチークは、大まかに言って二種類あります。

◆ここからは趣味のチーク論です◆

頬につけるチークは、大まかに言って二種類あります。
一つ目は、肌より赤みが濃いチークです。赤みが濃いチークを入れることで、幼さやあどけなさといったキャラの特徴を
際立たせることができます。
二つ目は、オレンジ色が濃いチークです。オレンジ色が濃いチークを入れることで、大人っぽさや精神の成熟を
表現することができます。また、オレンジ色が濃いチークは、上手く色合いを調整してあげることで、
いわゆる「化粧上手」な顔を描くこともできます。
今回の場合、描かれている大垣穂積というキャラ(オリジナルです!)は、純真でありながらも母性を合わせ持つような
特徴を持っていたので、彼女の頬には『赤みが強いチーク』を塗ることにしました。

STEP6 髪にハイライトを入れる

髪に光源からの光を表すハイライトをやや大げさ気味に入れていきます。

STEP7 目を塗る

目を塗っていきましょう。最初に目に置く色は、影となる色よりも薄めの方が上手くいくかもしれません。

STEP8 服を塗る

このSTEPでラストです。服をどんどん塗っていきましょう。

以上、STEP1~8が終わりました。
そして、イラストが完成しました。こちらです!

今回のイラストは、個人的にはあまり気に入ってはいないのですが、ただ、自分が気に入った絵が必ずしも描けるわけではない
というのがインターネットお絵描きマンが修羅の道たる理由なのかもしれません。

ともかく、今回は何はともあれ無事に完成してよかったです!
イラストのメイキングも機会があればまたするかもしれませんが!
ではでは!

The following two tabs change content below.
田中佐藤

田中佐藤

インターネットお絵描きマン。VIP発のWEB漫画投稿サイト「新都社」で漫画や小説をかいています!最近のマイブームは「民俗学」!エレキギターも好きです。記事へのコメント待ってます!気楽な気持ちでコメントどうぞ!

コメント

  1. お出汁がよく染みた大根 より:

    かわいい絵ですねー
    京アニとか動画工房っぽい?絵柄でとても好きです。
    私も絵の練習したくなってきました

  2. 田中佐藤 田中佐藤 より:

    お出汁がよく染みた大根さん、コメントありがとうございます!
    京アニと動画工房の絵は好きでよく模写しているのでその影響が出たのかもしれません!
    僕はめんどくさがり屋なのであんまり練習はしないのですが、どんどん練習しちゃいましょう!

  3. 落ち葉 落ち葉 より:

    もっといろんなおにゃのこが見たい(*´Д`)

  4. 田中佐藤 田中佐藤 より:

    落ち葉さんコメントありがとうございます!
    本当はもっと色々描きたいんですけどね!ただなかなか描けなくって!
    もっと描きます!

  5. GuyG より:

    男の娘かショタくんお願いします

  6. 田中佐藤 田中佐藤 より:

    GuyGさんコメントありがとうございます!
    男の娘は…ちょっと守備範囲外なので厳しいかもですね
    ショタならかろうじていけるかもしれませんが…