まるで映画「インセプション」の世界。トルコのグラフィックデザイナー&カメラマンの合成写真が感性を揺さぶる

ドローンを駆使して撮影された空撮写真を組み合わせて、まるで映画「インセプション」のような世界観を表現した写真が話題です。

トルコのグラフィックデザイナーで写真家のAydınBüyüktaşさんが手がけた合成写真。この手法は「フラットランド」と呼ばれており、エドウィン・アボット氏の著書から派生したもので、空間を捻じ曲げた二次元世界のような表現手法だそう。

ドローンと写真の合成技術が織りなす不可思議な世界観。実在する風景写真が、一転架空のCG世界のような雰囲気に。パソコンやスマホの壁紙にしたい。

写真はインスタグラムで公開されていますので、誰でも閲覧可能になっています。以前も面白い画像をアップするインスタグラムをご紹介しましたが、こういう芸術的な使い方もアリですね。

Thank you so much @hypebeast ・・・ Turkish artist @aydinbuyuktas defies the laws of physical existence in his latest series. He transforms and warps the Turkish city of Istanbul upside down to distort your perceptive of space. Using both drone photography and 3D software to meticulously construct the digital landscape that's exceptionally surreal. . . . From the series of "FLATLAND" – "DÜZÜLKE" . #picoftheday #photographer #photo #shooting #colours #artphoto #city #fineart #art #contemporary #artphotography #illusion #Surreal #architecture #urban #exploration #artist #artoftheday #instaart #instaartist #contemporaryart #artwork #instagood #modernart #istanbul #streetphotography #vsco #vscocam #mosque #yenicami #istanbul

A post shared by Aydın Büyüktaş (@aydinbuyuktas) on

参照元:インスタグラム