カテゴリー

BuzzVideo(TopBuzz)という動画サイトがYoutubeを追い抜きそうな件

TopBuzzの動画

まぁTikTokから転載なんだけどね…

Webライターの池田です。
₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾

ここ数年、日本でも世界でもトップの動画サイトと言えば「Youtube」。

面白い動画があったり、広告収入を得られるプラットフォームとしても不動のサイトです。

不動…だったのですが、今中国版の動画サイトBuzzVideo(TopBuzz)が非常にアツいことになっていて、将来Youtubeも追い抜いてしまうんじゃないか…というお話です。

BuzzVideo(TopBuzz)とは?

BuzzVideoは、中国発祥のAIを使った動画サイト。

以前は「TopBuzz」という名称だったのですが、今はBuzzVideoというサービスになっております。

BuzzVideoはByteDanceという企業が運営していて、この企業は「Tik Tok(ティックトック)」という若年層に人気のアプリも提供しています。

ByteDanceは、中国のメディア企業で、ユーザー6億人以上、月間アクティブユーザーが1.4億人という多くのユーザーを抱えています。

たぶん、BuzzVideoよりTikTokの方が有名だと思いますが、今や若者にとってTikTokはインスタ以上のメディア媒体。BuzzVideoもYoutubeを超える日が来るのかもしれません。

誰でも収益化できる仕組み

しかしこのBuzzVideo、使ってみるとわかるのですが目立った広告が表示されないのです。

その割に、動画を上げれば再生数に応じてすぐに収益化ができると話題になっています。どのように利益を上げているのでしょうか?

稼いでいる人がいるらしい

動画広告ではない広告が収入源

BuzzVideoは普段使っているアプリのようなウザい広告は出てこないのですが、ニュースアプリのグノシーやSmartNewsのようなさりげない広告を収入元にしているようです。

以前はYoutubeには「動画広告」というモノはなくて、どの動画も無広告で見られたものですが、最近は動画広告がボンボンでてきますよね?

あれが非常に面倒だと思っていたので、動画広告が出ないBuzzVideoの方がメディアプラットフォームとしてはスッキリしているかも。

広告収入を、動画投稿者に分配

そして、BuzzVideoが「広告収入」で得られた報酬を、動画投稿者に分配している形が、誰でも収益化できる理由のようです。

自分で撮った10秒ほどの動画でも、再生数に合わせて1再生あたり0.2円ほどもらえることもあるようで、1日数千円くらいはサクッと稼げてしまうとかなんとか。

( ゚д゚ )(  ゚д゚)

( ゚д゚ ) ガタッ

Youtube対BuzzVideo

最後に、今現在わかっているYoutubeとBuzzVideoの大きな違いについてご紹介します。

BuzzVideoは「検索」ができない

コレはかなり大きな違いなのですが、Youtubeが検索で好きな動画を見られるのに対し、BuzzVideoは「検索」ができません。

ではどのように見たい動画を見られるようになるかというと、独自のAI(人工知能)に頼って動画リストが表示されます。

BuzzVideoでは、気になる動画を再生するたびに、そのアカウントに合った動画が自動的に配信されるような仕組みになっています。

これはYoutubeの「関連動画」に近いのですが、BuzzVideoではこのAIによって選定された動画が最優先になっています。

検索排除で、AIが再生する動画を自動で選んでくれることは、全く動画再生がされない可能性が少し減ることから、動画投稿者が報酬を得るチャンスが広がっているとも言えます。

BuzzVideoは短い動画が多い

動画時間も、Youtubeと違って短めの動画が多いです。

10秒くらいのものから、3分くらいのものが多い印象。

これも「再生数が増える」という理由になっている、BuzzVideoの特徴といえます。

BuzzVideoでは動画・記事・GIF・写真がアップできる

Youtubeは、動画アップロード専門。

しかし、BuzzVideoでは動画以外に、記事・GIF画像・写真がアップできます。

つまりこれは、「動画以外の作品公開のプラットフォームにもなっている」ということです。

2chまとめのような記事もアップできるし、おもしろ画像をまとめてアップすることも可能。

このあたりの「対応メディアの違い」は、Youtubeと少しジャンルが違う動画サイトなのかな、と感じるところであります。

まとめ

元が中国企業運営なので、著作権管理はグレーゾーンなところもあるかもしれないBuzzVideo。

でもYoutubeと比べて、動画公開のハードルは非常に低いので、自分の撮った動画や描いた絵など、サクッと10秒くらいでアップしてしまうのもいいかもしれないですね。

「メディアデータ」を誰もが見られるように公開するプラットフォーム(+お小遣い稼ぎ)として、今後Youtubeを抜いていきそうな気がします。

The following two tabs change content below.
池田利樹

池田利樹

音楽家の家庭に育った音楽大好きな東京住まい。 絵を描いたり、写真を撮ったりが好きなクリエーター。 1985年生まれなのでもうオッサンと呼ばれても否定できないデス。