カテゴリー

ソシャゲ、エターナルリンケージに仮面ライダー剣、剣崎役の椿隆之さんが!早速始めるウェーイ!

どうも、南元暁です。

みなさんまずこちらをご覧ください。

(0w0)<ウェーーーイ!!

(0w0)「十連ガチャ引けるウェーイ!」

(0w0)「ミンナハモウアソンデルヨナ!?」

(0w0)「クラエ、オレノリンケージスキル!」

(0w0)「ホントウニスゴイアァールピージー!」

(0w0)「エターナルリンケージ!ソウキュウノアムネシア!」

(0w0)「俺も戦うぜ!ウェイ!」

…………………………

剣崎やんけ!!!!!

※日本語訳

「十連ガチャウェーイ!」

「みんなはもう遊んでるよな!?」

「喰らえ、俺のリンケージスキル!」

「本当にすごいRPG!」

「エターナルリンケージ、蒼穹のアムネシア!」

「俺も戦うぜ、ウェイ!!」

ということでみなさん。

ソーシャルゲーム界に剣崎一真こと、仮面ライダー剣役椿隆之さんが参入することとなったようです!!!

ウェーーーイ!!!!!!!

自分はまだエターナルリンケージのことは全然知らず、これから始まるぞ☆というところなのですが。

彼が参加してくるというならばそりゃ始めるしかないでしょうと。

しかも、剣崎ファンを意識したかのようなナレーション。

こりゃ仮面ライダーファンの層狙ってますわ……。

ということで、右左もわからない状態なのですが、とりあえずこの喜びを表現するために記事を書いた次第です。

ぼき「へぇ〜仮面ライダー剣役の人がソシャゲに出るんだ☆始めよっ☆」

ぼき「楽しみだなぁ☆」

〜END〜

……で終わるような徹頭徹尾日記でしかないものの、記事としての体裁を保つために確実に分かる範囲である「仮面ライダー剣」についての情報をまとめようと思いました。

ほら……もしかしたらエターナルリンケージやってる人が「剣崎って誰?」「椿隆之って誰?」ってなるかもしれないじゃん。

「なんか一部の人盛り上がってるけど全然ネタがわからん」って人もいるかもじゃん。

ということで……

1.仮面ライダー剣ってなぁに??

仮面ライダー剣とは、2004年に放送されていた仮面ライダー。

ファイズの次、響鬼の前ですね。

古代に封印されたはずが、何故か現代に蘇ってきた不死の生物、アンデッドをもう一度封印するため、主人公剣崎一真は仮面ライダー剣(ブレイド)に変身して戦いの中に飛び込んでいく――。

という感じのストーリーです。

仮面ライダー剣は鎧を装着する、装着型の仮面ライダー。

「変身!」といって体が変わるのではなく、強化アーマーを着込むタイプの仮面ライダーなのです。

感覚的にはアイアンマンが近いかも?

椿隆之さん演じる主人公、剣崎一真(けんざきかずま)は新人の仮面ライダー。

頼れない先輩、橘朔也(たちばなさくや)と共に仮面ライダーブレイド、仮面ライダーギャレン(橘さん)に変身してアンデッドに立ち向かう――のですが。

2.オンドゥル語

仮面ライダー剣と切って話せない関係、それがオンドゥル語。

これは聞いたことがある方はいるのではないでしょうか??

オンドゥル語とは、主人公を始めとした俳優陣の滑舌が非常に悪く、

「本当に裏切ったんですか!?」→「オンドゥルルラギッタンディスカ!?」

「何故見てるんです!?」→「ナズェミテルンディス!?」

「橘さん!」→「ダディーヤナザァン!」

「俺の邪魔をするならたとえこのBOARDでも!」→「オレノジャマヲスルナラカタイップロポッポデロ!」

「橘ァーッ!」→「クサァー!」

「俺の体はボロボロだ!」→「オデノカラダハボドボドだ!」

「決着を……」→「ケッチャコ」

「手を出すなよ……」→「ディオバスティオ……」

「剣崎ーッ!」→「ゲゲゲーッ!」

等、セリフがことごとく聞き取れなかったため、一話で放たれた衝撃の演技「オンドゥルルラギッタンディスカー!?」にあやかり、彼らの演技のことをオンドゥル語と呼ぶようになったのです。

今でも時々、役者の滑舌が悪いとき「オンドゥルってんな」と言われているのを見かけます。

何故ここでオンドゥル語に触れたのかと言いますと

(0w0)「十連ガチャ引けるウェーーーイ!!!」

のウェーーーイがオンドゥル語なためです。

ウェーーーイは必殺技を放つときのかけ方なのですが、監督達は、新人ライダー感を出すために「えーい!」みたいな若干の弱々しさを演出したらしいです。

あくまでらしいなので。

それが、滑舌の問題で「ウェーーーイ!!!」となってしまったわけです。

1.必殺技を出すため、武器の剣の中に収納されているカードを取り出す。

2.そのカードをムシキングみたいな感覚で剣のスリットにスキャン

3.「サンダー」+「キック」+「マッハ」

「ライトニングソニック」

三枚のカードをスキャンし、コンボ、技を発動させると電子ボイスが鳴る

掛け声「ウウウウウウ……」

剣を逆手に持ち掲げる

掛け声「ウェイ!」

剣を地面に突き刺す

掛け声「ウェーーーイ!!!」

ライダーキック

という二連続ウェイのコンボが印象に残っているため、短いオンドゥル語ということでウェイはよく使われるのです。

その他、頼れない先輩橘さんの華麗なる大迷走、安定しないキャラ、謎が謎を呼びすぎてわけがわからないストーリー、などの様々な要因も合わさって、オンドゥル語のネタ的な立ち位置は確率されていったのです。

ちなみにそれは前半のみで、ブレイドとギャレンの強化フォームが出てきたあたりからテコ入れが入り劇的にストーリーは面白くなります。

いや、前半も橘の迷走からの復帰とか面白いシーンはいっぱいあるんだけどね。

ということでみんな、仮面ライダー剣見ようね!!!!!!

露骨なマーケティング。

ということで、今回は椿隆之さんを知らないエターナルリンケージプレイヤーの方に代表作(多分)である仮面ライダー剣のネタを書き連なったわけでしたがいかかだったでしょうか??

「なに今までプレイしてなかった奴がほざいとんのじゃ」と思った方、すみません。今から覚えていきます。

ちなみに椿隆之さんは一年ほど前、ゴルフクラブを持ったヤンキーに殴られて重体になった俳優さんでもあります。

一時期結構ニュースになっていたので、知っている方も多いのでは??

また仕事に復帰してきてくれて、ファンとしてはとても嬉しい思いであります。

椿さんのますますのご活躍を期待して、現場からは以上です。