BitZeny プレゼント 投げ銭 ZNY

【ネタバレ注意】FGOの新ストーリー、異端なるセイレムをクリア(仮)したから感想だ!!! 恐らくpart2

どうも、南元暁です。

誰も得をしないpart1はこちら

どうも、南元暁です。 さぁさぁ、epic of remnantもいよいよ大詰め。 …

今回のライタ

ー趣味悪ぃよ

おい。

昨日から引き続き解放された分まで異端なるセイレムをクリアしたわけですが、ストーリー的には昨日をぐっと上回るほど精神衛生上大変よろしくないストーリーが繰り広げられています。

実際には未遂で済んだとはいえ、危惧していたサーヴァント処刑も行われ、サンソンの行動により恐れていた味方内で割れていくおっそろしく不穏なストーリー。

新宿↓

CCC↓↓

アガルタ↓↓↓

剣豪↓↓↓↓

と、終章で行くべきところまで行ってしまったが故にどんどん下がり続けてたマシュのヒロイン力。

今回着いてくると言い始めた時はどうなるかと思ったものですが、本当にマシュがいてくれて助かりました。

ごめんねマシュ邪険にしてごめんね。

剣豪のとき「カルデアから通信かよ……」とか思ってごめんね。

先輩謝るよ。

魔神柱達との激闘を繰り広げてきた、硬い絆で結ばれているはずのカルデアメンバーですらギスギスしている今の現状で唯一信用出来るのはマシュくらいなものです。

道化のごとく悪道を進んでしまうサンソン。

いつも以上に辛辣な緑茶。

これまで影も形もなかったのに突然現れ、しれっとメンバーに加わっている哪吒。

元から怪しげなキルケー。

なにやら他人より物を多く知り、散りそうな雰囲気を持つマタ・ハリ。

新宿のアラフィフ、アガルタのコロンブスのように野良サーヴァントが心の中に悪を秘めていたというのなら分かりますが、正真正銘カルデアから来たサーヴァントでも、今回に限ってレイシフトすら満足に出来ていない状況で誰が味方なのかすらまだ分かりません。

しかもセイレム内ではジャックの宝具のような認識阻害すら発生しているようで、セイレムの中にいたのでは全ての事実が覆い隠されてしまう。

アビゲイルといえばセイレムの魔女裁判の中でも超がつくほどの重要人物だということは、作中はおろか小耳に挟むくらいのことはしたことがある人が多いでしょう。

出発前にあれだけブリーフィングを行なったというのに、一、二を争うほどの重要人物を見逃すほどの認識阻害が発生しているというのです。

・認識阻害を発生させているのは魔神柱なのか?

・シバの女王を召喚した者と、彼女に役割を当てはめたのは誰なのか?

・ラヴィニアが行使している魔術とはなんなのか?

・カーターは何者なのか?

・未だ謎に包まれたままのアビゲイルは?

簡単にまとめただけでもこれだけのナゾが浮かび上がります。

所詮逃げ延びた魔神柱一柱程度がこのような大胆なルールを構成できるのだろうか、という疑問。

シバの女王を召喚したのと役割を当てはめたのは別人だというのなら、そのような大それたことを出来る、魔神柱に匹敵するほどの力量を持ったものがセイレム内にいるのか?

などなど、謎が謎を呼ぶ不可思議な展開。

個人的にこれはかなり、というかFGOシナリオの中でもトップクラスに魅入られるストーリーだと感じています。

さぁ、次が気になるところ。

次のストーリー更新は12/3 0:00となっています。

お忘れなく!!!

※追記しました。part3はこちら

どうも、南元暁です。 ここ最近、怒涛の記事投稿ラッシュで若干辟易しておりますが、オ○ニー感想はやめ…

現場からは以上です。

The following two tabs change content below.



    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
    ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin